千葉雄大:“モテない系男子”役は「普段の感じ」? ドラマ「白戸修の事件簿」DVD発売

テレビ

 1~3月にTBSで放送された千葉雄大さん(23)の主演ドラマ「白戸修の事件簿」のDVDが1日、発売された。超お人よしの気弱な性格で、女の子からもスルーされてしまう“モテない系男子”を演じた千葉さんは、クラスに1人はいると思われる「愛されキャラを意識しました」とにっこり。ドラマを見た友人からは、「普段の感じだといわれた」と話す一方で、「どれが本当の“千葉君”なのか考えながら見て」とちゃめっけたっぷりに語る千葉さんに、撮影の思い出や「最近やっと楽しいなと思い始めた」という俳優業について聞いた。(毎日新聞デジタル)

 ドラマは、「小説推理新人賞」を受賞した大倉崇裕さんの同名小説と「白戸修の狼狽」(ともに双葉社)が原作。何事も頼まれたら断れないお人よしの就職浪人・白戸修(千葉さん)が、東京・阿佐谷かいわいで起きるやっかいな事件に巻き込まれるという、笑いあり、涙あり、ときどきエッチな妄想ありのミステリーコメディー。ドラマのオリジナルキャラクターで白戸を振り回す幼なじみ・黒崎仁志役を本郷奏多さん、劇中でウエートレスやセクシー衣装など、さまざまなコスプレを披露する白戸の思い人・赤川莉央役を中村静香さんが演じた。

 白戸について、「すごいさえないし、勉強もできないし、運動もできないし、本当にダメだなといわれながらも何気に好かれている、クラスに1人くらいはいる人」と愛情たっぷりに表現した千葉さん。自身の学生時代については、「すごく地味だったので、おどおどしてました」と告白する一方で、「人前に出るのは得意ではないけど、好き」と話す。

 10年2月から放送された特撮ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」(テレビ朝日系)をはじめ、「桜蘭高校ホスト部」(TBS)、「ランナウェイ~愛する君のために」(TBS系)などのドラマ出演をへて、現在は「黒の女教師」(TBS系)に出演中の千葉さん。自身の作品を見返すことはたびたびあるといい、「積み重ねてきたものを見返すって今の時期では大事なこと」と研究熱心の一面を見せる。

 「白戸修の事件簿」の撮影を通して学んだ点も多かったといい、とくに寺島進さんや石黒賢さん、永井大さんなど毎回登場するゲストからは、「お芝居に対してのアプローチの仕方が皆さん違うので、勉強になりました」と刺激を受けたようだ。一方で「自分的にはそのときの100%を出していた」と自信ものぞかせる。

 今後の目標について聞くと、「見ていて気になる!と思われるような人であり続けたい」と力を込め、「ジャンルを問わず、舞台や映画なんでも挑戦してみたい」と目を輝かせた。「白戸修の事件簿」のDVDボックス(本編ディスク3枚と特典ディスク1枚の4枚組み仕様)は1万1970円で発売中。

<プロフィル>

 ちば・ゆうだい 89年3月9日生まれ、宮城県出身。O型。雑誌「CHOKi CHOKi」の専属モデルをへて、特撮ドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」でゴセイレッド・アラタ役に抜てきされた。その後、「桜蘭高校ホスト部」(TBS)、「ランナウェイ~愛する君のために」(TBS系)、「白戸修の事件簿」(TBS系)、「カエルの王女さま」(フジテレビ系)などのドラマに出演。現在は、女優の榮倉奈々さんが主演を務める金曜ドラマ「黒の女教師」(TBS系)に出演中。趣味は映画観賞、ギター、イラスト。特技はテニス。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る