MANTANWEB(まんたんウェブ)

小林星蘭&谷花音:人気子役が時代劇ドラマに初挑戦 北川景子らの幼少期演じる

テレビ
スペシャルドラマ「みをつくし料理帖」で時代劇ドラマに初出演する小林星蘭ちゃん(左)と谷花音ちゃん

 人気子役の小林星蘭ちゃん(7)と谷花音ちゃん(8)が、北川景子さん主演のスペシャルドラマ「みをつくし料理帖」(テレビ朝日系、9月22日午後9時)で時代劇ドラマに初挑戦することが分かった。北川景子ふんする主人公・澪の子ども時代を演じた星蘭ちゃんは、「時代劇は大変なのかなと思ってやってみたら、半分大変で、半分楽しかったです! 北川景子さんは一緒にお仕事をやってみたかった、あこがれの女優さんなので、幼少時代を演じられてうれしかったです!」と喜びを語っている。

 ドラマには、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんをはじめ、原田美枝子さん、貫地谷しほりさん、平岡祐太さん、室井滋さん、大杉漣さんら豪華キャストが集結。花音ちゃんは貫地谷さんが演じた役柄の幼少期に挑んでおり、「時代劇は、CMでちょこっとだけやったことがあるんだけど、こんなに大変だとは思っていなかったです。大阪弁でしゃべるところが難しかったです!」と笑顔を浮かべていた。

 「みをつくし料理帖」は、「この時代小説がすごい!文庫書き下ろし版」(宝島社)の12年度ベスト1に選ばれた高田郁さんの同名小説シリーズ(角川春樹事務所刊)。今回は、累計170万部を突破する人気シリーズのうち、「八朔の雪」「花散らしの雨」を原作にドラマ化しており、天涯孤独の少女・澪(北川さん)が“江戸の女料理人”を志し、さまざまな困難を乗り越えながら成長していく姿とともに、謎の浪人・小松原(松岡さん)との淡い恋も描かれる。

 星蘭ちゃんと花音ちゃんは、「すたーふらわー」のユニット名で、キャンディーズの名曲「年下の男の子」をカバーして今月1日にデビューし、プライベートでも大の仲良しという小学2年生コンビ。2人が収録を行ったのは、気温が35度に迫る真夏日の京都。強い日差しが照りつける中、着物姿で撮影に臨み、慣れない大阪弁のセリフも完璧にこなしたが、ロケ中には、星蘭ちゃんのおなかが鳴ってしまうかわいいNGがあったり、待ち時間に2人で「年下の男の子」を口ずさんだりと、小学2年生の女の子らしい表情も見せていた。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る