MANTANWEB(まんたんウェブ)

仲間由紀恵:再び“魔性の女”に ドラマ「サキ」

テレビ

 女優の仲間由紀恵さんが“魔性の女”を演じて話題を呼んだ11年放送のドラマ「美しい隣人」(関西テレビ・フジテレビ系)の第2弾「サキ」が13年1月から放送されることが30日、明らかになった。仲間さんが演じたミステリアスな美女の「マイヤー沙希」と同一人物の「網浜サキ」を主人公に、同ドラマスタッフが再集結し、新シリーズを制作。仲間さんは「『もしかしたらそばにいるんじゃないか?』と思わせる女性をさせていただきましたので、とても面白い役がまたできるというふうにすごく楽しみにしています」と意気込みを語っている。

 「美しい隣人」は、沙希(仲間さん)が幸せな家庭を築く美人妻の絵里子(檀れいさん)の隣に引っ越してきた場面から始まる。沙希と仲良くなる絵里子だが、その日を境に、幸せな日常が思いがけない展開で崩れていく……という物語。仲間さんは、女性をターゲットにした悪女を演じたことで話題を集めた。

 今回の「サキ」では、男性たちをターゲットに描いていく。総合病院の小児科で看護師として働くサキ(仲間さん)は、患者である子供たちには天使のような笑顔を見せ、料理はプロ級で、所作が美しい、男性たちにとって“理想の女性”。サキは、生き別れた姉を捜していた大手雑誌社の記者(三浦翔平さん)、人望が厚く正義の味方と名高い弁護士(萩原聖人さん)、総合病院に勤務する愛妻家の理事長(高嶋政伸さん)ら複数の男たちをターゲットにし、翻弄(ほんろう)し、やがて破滅させていく……というストーリーが展開する。

 サキに不信感を募らせていく女性記者役を内田有紀さんが演じるほか、庄野崎謙さん、石黒英雄さんも出演。主題歌「Catch Me −If you wanna−」は、「美しい隣人」の主題歌を歌った韓国の男性ユニット「東方神起」が担当する。

 「美しい隣人」のスタッフが再集結したことから、仲間さんは「すごく期待していますし、見る方たちをドキッとさせるような、胸に何かを残すような、そんなドラマになるのではないかと思っています」とコメント。今回、ターゲットが男性になることについては、「台本を読んでいると、私自身も『この人、本当にたまたまなんじゃないか』って思うくらい、自分の中でも作為的か偶然かどっちなのか迷っている部分もありますが……うまく、悪女を頑張って演じたいと思っています」と意気込んでいる。

 一方、サキのターゲット役となる高嶋さんは台本を読んだ感想について、「最初に秩序立った人間像をどこまで高く出せるかが今回のテーマ。きちっとしてればしてるほど、壊れていくさまがおもしろいし、やりがいがあると思うんです」とコメント。サキのような女性については、「だまされる人たちはある種、幸せかもしれないですよね。一瞬でも、秩序の枠からはみ出ることができて、自由に飛び放つことができたんですからね。難しいですけどね。ダークな面が100%出されて、人間の本能がむき出しになっちゃいますからね」とコメントしている。

 豊福陽子プロデューサーは、「今度の悪女・サキは、自ら手を下すことなく男を破滅させる女。でも破滅していく男たちはどこか幸せな顔をしている。見ようによっては天使にも悪魔にも見え、決して出会いたくない恐ろしい女なのに、ある種の美学を持った怖いほど魅力的な女です」と説明し、「仲間さんが実際に演じてくださることで、我々の予想をさらに超える美しくも恐ろしい悪女になると確信しています」と期待感を示している。

 ドラマ「サキ」は、13年1月8日スタートで、毎週火曜午後10時から放送。初回は15分拡大で放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る