MANTANWEB(まんたんウェブ)

大塚範一キャスター:「めざまし」で1年3カ月ぶりテレビ生出演 「元気になりました」復活アピール

テレビ
「めざましテレビ」に出演した大塚範一さん

 急性リンパ性白血病のため、11年11月から休養していたフリーキャスターの大塚範一さんが4日、朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)で」、約1年3カ月ぶりに生出演した。大塚さんは、「本当にありがとうございます。ここまで元気になりました」とあいさつした。

 大塚さんは自身の後任を務める三宅正治アナウンサーや、番組で共演していた生野陽子アナらの拍手に迎えられ、笑顔で登場。「ゲストに来たのが非常に違和感があるんです」といい、1年3カ月ぶりの朝の生出演に「緊張しました。30分早く起きました」と話した。

 大塚さんは、94年の「めざましテレビ」の放送開始当初からメーンキャスターを務めたが、11年11月から急性リンパ性白血病のため休養し、12年3月末で同番組を卒業した。

 番組では、4カ月前に退院してから、ゴルフの練習や食事をする姿などの生活ぶりが放送された。また、1994年の「めざましテレビ」初放送以来の思いを語り、復帰については「完治したわけではなく、再発の恐れはある。仕事を始めることで生活のリズムを作っていきたい」と話した。

 大塚さんは4月から、同局の午後の情報番組「知りたがり!」の後番組で、11年に日本テレビを退社したフリーアナウンサーの西尾由佳理さんとメーンキャスターを務める予定で、西尾さんについて「(めざましテレビのキャスターだった)高島彩さんのいわば同期生。飾らない感じでとってもいい方。期待してください」と意気込みを語った。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る