MANTANWEB(まんたんウェブ)

仲村トオル:被災地でロケ「見てよかったと思える作品に」 SPドラマ「母。わが子へ」

テレビ
ドラマ「母。わが子へ」で母子役を演じる仲村トオルさん(右)と八千草薫さん

 女優の八千草薫さんが母親で、その子供を俳優の仲村トオルさんと玉山鉄二さんが演じるスペシャルドラマ「母。わが子へ」(MBS、TBS系)が3月31日午後9時から放送される。同ドラマは、違う道を歩んでいた兄弟が母の病気をきっかけに再会し、故郷・東北に向け最後の家族旅行を始めるという家族のつながりを真正面からとらえたヒューマン作。東日本大震災の被災地・東北でも撮影し、ロードムービー仕立てになっている。

 日々の生活に手いっぱいで生きる目的を見失っている長男・門間崇史を演じる仲村さんは「『 母。わが子へ 』 の脚本を読んだ時は、“これをやらないと罰があたる”と思いました」とコメント。被災地・東北が物語の舞台として描かれることについて「失礼のないように。そして、“見てよかった”と思っていただけるようなドラマにしたいです」と意気込みを語った。

 末期がんに侵され余命少ない母親・門間千勢を演じる八千草さんは「素直に感情移入できる素晴らしい作品に出合え、大変うれしく思いました。心にしみるホームドラマだと思います。ご家族皆さんで一つのテレビでご覧になっていただければと思います」とコメント。また愛嬌(あいきょう)のある性格だが、家族に心配をかけてきた風来坊の次男役を玉山さんが演じることも決まっている。主題歌は、音大出身者5人組ボーカルグループ「Le Velvets(ル・ヴェルベッツ)」が担当する。

 スペシャルドラマ「母。わが子へ」は、3月31日午後9時からTBS系で放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る