上野優華:15歳新人が映画主演で女優デビュー 主題歌にも挑戦

映画
映画「トイレの花子さん 新劇場版」で主演に抜てきされた上野優華さん

 2012年に開催された「ドリームボーカルオーディション」でグランプリを受賞した新人の上野優華さん(15)が、映画「トイレの花子さん 新劇場版」(山田雅史監督)で女優デビューすることが4日、明らかになった。主人公・さよを演じる上野さんは映画の主題歌も担当するといい、「『私で良いのかな……』と不安もありましたが、『私を選んでくださったのだから一生懸命頑張ろう!』と初めての演技に挑戦しました」と意気込みを語っている。

 上野さんは未来の歌姫を発掘する「ドリームボーカルオーディション」で約1万人の応募者の中から、塩ノ谷早耶香さん、泉彩世子さんとともにグランプリに選ばれ、「Dream Vocalist loved by ヤングマガジン賞」も受賞した。

 「トイレの花子さん」シリーズは1995、98年に映画化された人気ホラーで、女優の栗山千明さんや前田愛さんら人気女優を輩出した。15年ぶりの新作となる新劇場版は、東京から母と2人、田舎町に引っ越してきた高校1年のさよだったが、転校初日に仲良くなった真帆がトイレで不審な死を遂げて……というストーリー。6月29日から全国で公開予定。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る