MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「黒鋼の魔紋修復士」 ド派手なバトルや国家間の知略戦が魅力 驚きの展開も

ブック
嬉野秋彦さん作、ミユキルリアさんイラストの「黒鋼の魔紋修復士」(ファミ通文庫)のカバー

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は「黒鋼の魔紋修復士」(嬉野秋彦さん作、ミユキルリアさんイラスト)です。ファミ通文庫編集部の長島敏介さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 丁寧に描かれた世界観、キャラクターに加え、剣と魔法のド派手なバトルですね。争いに関しては、国家間の知略戦という観点からも楽しめると思います。

 キャラでいうと“神巫(いちこ)”という薄着のひらひらで舞うヴァレリアやカリンたちがメインではあるのですが、ディーやイサークのような切れ者の男の子くんたちもとても人気があります。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 著者の嬉野先生は、元々ファンタジーを得意とされている方でして、ファミ通文庫創刊の一冊目、通巻ナンバー001の「ホルス・マスター」シリーズをはじめ、多数のファンタジー作品を書かれています。そんな中で、前作「彼女は戦争妖精」シリーズが完結になるちょっと前くらいから、「次はファンタジーをやりましょうか」的な空気になっていたので、話はかなりスムーズに進みました。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方でしょうか?

 嬉野先生はヨーロッパの伝記や中国、日本の歴史ものに精通している方なので、世界観・設定に関してはかなりの知識をお持ちの方ですね。僕は担当させていただいて長いのですが、スケジュールや文章に関しても、全幅の信頼をおける方だと思います。

 イラストに関しては、この作品には比較的中性的なイラストをつけたいと考えていまして、いろいろ候補を探している中でミユキルリア先生を発見して「これだ!」と思い、何とかお引き受けいただきました。豊富なアイデアをお持ちの、とても楽しいすてきな方ですよ。毎回こちらの無理な注文を快く取り入れていただいて、すごく助かっております。

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 興奮するのも大変なのも、新キャラ登場のときですね。神巫の服装とか、魔法のエフェクトとか考えるのが大変かも。主にミユキ先生が、ですけど。あとは私服というか、平常時の女の子たちの服装を見るのは楽しいです。

 −−今後の展開は?

 嬉野先生は立ち上げるときから最後を決めて始める方なので、もしその通りにいくならかなり驚きの展開になると思います。

 −−最後に読者へ一言お願いします。

 けなげなヴァレちゃんにもっと愛を! あのコも頑張っていますので、今後も彼女の成長を見守ってやってください~! よろしくお願いします。

 KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー ファミ通文庫編集部 長島敏介

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る