柏木由紀:鹿児島県産メニューを監修 まゆゆに「食べて」

1 / 20

 アイドルグループ「AKB48」の柏木由紀さんが14日、東京・秋葉原の「AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARA」で行われた「ゆきりん監修 “鹿児島県コラボメニュー”販売開始イベント」に登場。鹿児島県産赤鶏を使った照り焼き丼「鹿児島照りゆき丼」(1000円)など、鹿児島県出身で薩摩大使を務める柏木さんが監修した4種類のメニューを販売するというもので、柏木さんは「鹿児島に行きたいけど行けない人に食べてほしい」とにっこり。「AKB48のメンバーでは誰に食べてほしい?」とMCから質問されると、「同期のまゆゆ(渡辺麻友さん)が、お肉とご飯が好きで結構食べるので、照りゆき丼を食べてほしい」と笑顔で話していた。

 今年の抱負を聞かれた柏木さんは「メンバーとしては3月に国立(競技場)でライブがあるのでまず成功させたい!」と意気込みをみせ、「個人としては、音楽をもっと勉強して、皆さんに響く歌を歌いたい」と目標を語った。薩摩大使となって2年目で、鹿児島について質問されることも多くなったことから、「責任重大」と話し、「薩摩大使として鹿児島県をいろんな人にPRしたい!」と力を込めていた。

 鹿児島県コラボメニューは、鹿児島県の食の認知度アップをはかり、鹿児島県の多彩な魅力をアピールするために企画された。「鹿児島照りゆき丼」をはじめ、柏木さんのイラストから誕生した「ゆきりんだるま」をモチーフにした、鹿児島県産黒豚みそで味付けした黒豚ハムとキャベツをはさんだサンドイッチ「鹿児島ゆきりんだくまサンド」(800円)、種子島の安納芋を使ったロールケーキ「安納芋のゆきりんだくまロール」(700円)、鹿児島県名物かき氷「白熊」をイメージした練乳味のゼリーにナタデココの食感をプラスした「白ゆきりんだくまゼリー」(600円)がある。AKB48カフェが、地方自治体とコラボするのは初。

 コラボメニューを購入すると、柏木さんが鹿児島で撮影した写真を使ったオリジナルコースターがもらえる。全12種類で、数量限定。柏木さんは、「ファンのみなさんは集めるのが得意だと思うので、ぜひコンプリートして」とアピールした。1月15日~2月13日まで期間限定で販売。

写真を見る全 20 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る