伊勢谷友介:松陰役で「自分なりの未来を提供できるようなドラマに」

テレビ
長崎市で取材に応じた吉田松陰役の伊勢谷友介さん=NHK提供

 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に吉田松陰役で出演する伊勢谷友介さんがこのほど、長崎市の興福寺で行われた撮影の合間に取材に応じ、「(松陰は)『諸君、狂いたまえ』という言葉を発せられましたし、私自身もそうあれたらいいなと思っております」といい、「このドラマをきっかけに、見た方々が、ちょっとでも今の常識におしつぶされずに“狂って”、新しい未来、自分なりの未来を提供できるようなドラマになっていったらいいなと、頑張っております」と語った。

 伊勢谷さんはドラマで描かれる時代を「どんどん変わらなきゃいけない局面で、誰かが“狂わなきゃいけない”というふうな時代」と表現。松陰を「人を1人も切らずに、哲学的なことを考えている方」とし、「せりふがこれから大変だなと思っていますが、その思い、志をしっかり持ったせりふを話せることが、役者としても個人的にも非常にうれしく思っています」と語った。

 「花燃ゆ」は、井上さんが演じる松陰の妹・文が主役のオリジナル作品。文は長州藩の尊皇攘夷(じょうい)派の中心人物・久坂玄瑞と結婚。ドラマでは動乱の幕末の長州で、困難を乗り越えて、まっすぐに生きた文の生涯を描く。2015年1月から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る