MANTANWEB(まんたんウェブ)

田村正和:SPドラマで殺人犯役 竹内結子と10年ぶり共演

テレビ
スペシャルドラマ「復讐法廷」に出演する田村正和さん(右)と竹内結子さん

 俳優の田村正和さんが、2月にテレビ朝日系で放送するスペシャルドラマ「復讐法廷」に出演することが7日、明らかになった。「古畑任三郎」など、これまで真実を追求する役柄に多く取り組んできた田村さんは、今回のドラマで殺人を犯し、裁きを受けようとする被告人・中原誠司を熱演。取り調べを受け、護送車に乗り、被告席に座るシーンも登場するといい、田村さんは「いつもは“逮捕する側”を演じていますが、今回は“逮捕される側”です」とコメントしている。

 また、中原を弁護する弁護士・緒方信子役で竹内結子さんが出演することも発表された。田村さんと竹内さんの共演は2004年の「新ニューヨーク恋物語」(フジテレビ系)以来約10年ぶりで、田村さんは「竹内さんは大きな女優さんに成長された。どんな役でもできる、女優として必要なものを持っていらっしゃる方」と絶賛。竹内さんも「田村さんは大先輩ですが、ジェントルマンで包容力があって、甘えられそうで……。しかも、とってもよい香りがして」と久しぶりの再会を喜んでいる。竹内さんが弁護士を演じるのは今回が初めてという。

 ドラマは司法のあり方を問いかける法廷サスペンス。田村さん演じる主人公の中原誠司は一人の男・岩崎を射殺する。岩崎は最愛の娘に暴行し殺害した凶悪犯だったが、“法の抜け穴”によって無罪放免になっていた。中原は自らの裁判を通して法の不備を世間に問いかけようとするのだが……というストーリー。田村さん、竹内さんのほか、市毛良枝さん、手塚理美さん、中尾明慶さん、田中哲司さん、平泉成さん、岸部一徳さんらも出演する。

 演じる役について「かなり複雑な役どころ」と悩みながら取り組んだという田村さんは、「中原という男の胸にあるのは司法に対する抵抗だけ。最初は信子との関わりを拒否していますが、段々と気持ちが変わってきて、彼女と共に法廷に向かいます」と見どころをアピール。また、番組の内山聖子ゼネラルプロデューサーは「弱者を独特な視点で救う役が多かった田村さんが、『殺人者』を生きることになりました。被害者遺族として、1人で司法と闘うその姿は、田村さんならではの熱を感じます」と語り、「残された父親が、娘の最期の真実を証明していくエネルギーは圧巻です」とコメントしている。

 スペシャルドラマ「復讐法廷」は、2月7日午後9時~同11時6分放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る