藤原紀香:バスガイド姿で連ドラ会見に 五輪に向け「東京のよさ届けたい」

テレビ
連続ドラマ「ある日、アヒルバス」(NHK・BSプレミアム)の会見にバスガイド姿で登場した藤原紀香さん=NHK提供

 女優の藤原紀香さんが26日、東京都内で行われた7月スタートの主演連続ドラマ「ある日、アヒルバス」(NHK・BSプレミアム)の会見に出席。東京都内周遊観光バス「アヒルバス」のバスガイドを演じる藤原さんは、劇中の制服姿で登場し、「いろんな名所を紹介することで、私自身、東京を再発見しています。2020年の東京オリンピックに向けて、視聴者の方に東京のよさを届けていきたい」と意気込んだ。

 バスガイド役について、藤原さんは「フェイス・トゥー・フェイスで、お客様それぞれに一番居心地のいい空間を作り出す仕事。エンターテイナーだし、おもてなしのトップランナー」とやりがいを感じているようで、「台本を読ませていただいて、たくさん泣いて、笑って、心が温かくなりました。撮影もとても楽しくて、毎日が充実しています」と弾んだ声で語った。

 一方で、藤原さんは「せりふに苦労しています」と吐露。「バスの中から見える名所を説明するシーンは、NGを出すとまた同じ場所を(バスで)周らなくてはいけないので、本当に気合を入れて演じています。それからバスガイドの教典って分厚くて何冊もあるんですが、みなさんそこに書いてある歴史や名所を全部丸暗記してるんですね。そういう役なので、必死に覚えています」と苦労を明かした。会見には、アヒルバスのバスガイド役のトリンドル玲奈さん、キムラ緑子さん、運転手役の袴田吉彦さんも出席した。

 ドラマは、藤原さん演じる40歳の新米バスガイド・浅倉葉月の奮闘と、葉月を取り巻く人々の波乱と笑いに満ちた物語を描く。7月5日から毎週日曜午後10時放送。全8話。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る