MANTANWEB(まんたんウェブ)

小林幸子:コミケで昨年上回るCD2500枚完売 「本当にありがたい」

アニメ ゲーム マンガ
CD完売を喜ぶ小林幸子さん

 歌手の小林幸子さんが16日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)88」の自身のブースに登場。ブースに立ってミニアルバム「さちへんげ」を自ら手渡しで販売すると、開始から約2時間40分で2500枚が完売した。小林さんは「『一番に来てずっと待ってました』という方もいて。本当にありがたいなと思います」と喜びを語った。

 昨年夏の「コミケ86」以来、2回目のブース出展となる小林さんは、この日のために用意したという白地にスパンコールがついた浴衣姿で自ら売り子に。昨年、完売した経験から今回は前回より1000枚多い2500枚を用意したが、昨年と同じ約2時間40分で完売。ブースには完売後も小林さんをひと目見ようという来場者が多く押し寄せた。小林さんは「昨年は休憩があったけど今回は全くなかったので、もう足が……」と笑いつつ、「昨年買えなかった、という方たちが並んで下さっていたのが印象的でしたね」と振り返った。また、コミケについて「自分たちの楽しいことを(参加者にも)楽しんでもらう。今の時代の人たちの楽しみ方だと思う」とコメント。次回参加については「来年も待っています、という方が多かったので。来なきゃダメかな、と思いますね」と笑いつつ意欲を語った。

 小林さんは昨年の夏コミ同様「5884組(コバヤシグミ)」として参加。ブースは人気サークルが配置される通称“シャッター前”で、今年も混乱を避けるために、隣のブースに出展しているビートまりおさんのサークル「COOL&CREATE」と合同での参加となった。CDには「さちさちにしてあげる♪-さちへんげremix-」「いろは唄」「いーあるふぁんくらぶ」など8曲が収録されており、CDの購入者にはおまけCDとして「脳漿炸裂バーサン」を1枚プレゼントした。

 コミケは、マンガや小説、ゲームソフトなどさまざまなジャンルの創作物を扱った同人誌の即売会。1975年から始まり、現在は夏と冬の年2回開催され、1日の動員数は20万人近く、毎回50万人以上が訪れる国内最大級のイベントとして知られる。最終日の16日は、自主制作したソフトなどを扱う「創作系」のサークルが参加している。 

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る