MD松尾のヒット解析:PS3版ウイイレがトップ ファミスタは超品薄

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 発売2週目の「ウイニングイレブン 2016」(PS3、コナミデジタルエンタテインメント)が首位を獲得しました。続いたのは新作の「FIFA16」(エレクトロニック・アーツ)のPS4版。ウイイレと異なり、PS4版の方が売れているようで一部店舗では品薄になっているようです。また、「プロ野球 ファミスタ リターンズ」(3DS、バンダイナムコゲームス)がものすごく売れまして全く在庫がありません。クライマックスシリーズもスタートしてプロ野球が盛り上がっていますが、人気のパワプロの発売が来年ということもあって、人気が集中したかもしれませんね。

 ◇今週の動き

 「セブンスドラゴン3 code:VFD」(3DS、セガ)が断トツでしょう。3DSでは久しぶりの大型RPGということもあってか、予約が絶好調。大いに期待しています。続くのは「ウイニングイレブン 2016」、「FIFA16」あたりになりそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(5日~11日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ウイニングイレブン 2016(PS3)

2位 FIFA16(PS4)

3位 東京ザナドゥ(Vita)

4位 ウイニングイレブン 2016(PS4)

5位 アンチャーテッド コレクション(PS4)

6位 スーパーマリオメーカー(WiiU)

7位 プロ野球 ファミスタ リターンズ(3DS)

8位 FIFA16(PS3)

9位 ポケモン超不思議のダンジョン(3DS)

10位 カタチ新発見! 立体ピクロス2(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る