長澤まさみ:アレルギーは「NHKにいる“妖怪のせい”」?

劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の公開アフレコを行った長澤まさみさん
1 / 5
劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の公開アフレコを行った長澤まさみさん

 女優の長澤まさみさんが15日、東京都内で行われた劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」(高橋滋春・ウシロシンジ監督、12月19日公開)の公開アフレコを行った。現在、2016年に放送されるNHK大河ドラマ「真田丸(さなだまる)」の撮影中の長澤さんは、この日少し鼻声で、「稲アレルギーなんですが、(小道具の)わらで作ったむしろで2、3日前にアレルギーが出てしまいました。NHKにいる"妖怪のせい”です」と妖怪ウォッチのおなじみのフレーズで笑わせた。

 「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は、アニメやゲームが大ヒット中の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ第2弾で、五つのエピソードで構成される。長澤さんは同作のゲスト声優で、「ジバニャンの華麗なる作戦」編に登場する生前のジバニャンの飼い主・エミちゃんが大人になった声を担当している。

 長澤さんは、「エミちゃんという特別なキャラクターを演じさせてもらってうれしかったです」とアフレコを振り返り、「難しいと思う反面、声でキャラクターを表現するのは面白いなと思いました」と笑顔で話していた。

 公開アフレコには、同じくゲスト声優を務める堀ちえみさんとお笑いコンビ「博多華丸・大吉」も登場。堀さんはエミちゃんが勤める会社の先輩・千秋先輩の声を務め、「華丸・大吉」は「妖怪ワールドへ行こう」編でジバニャンの敵妖怪、犬まろ・猫きよ役の声を務める。また、この日の司会は、本作のストーリーテーラー、ウィステラーの声を演じる関智一さんが行った。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る