MANTANWEB(まんたんウェブ)

内田理央:「仮面ライダードライブ」ヒロインが警視庁を表敬訪問

映画 テレビ
警視庁本部庁舎(東京都千代田区)を表敬訪問した内田理央さん(中央)(C)「ゴースト&ドライブ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)で警察官・詩島霧子を演じた内田理央さんが27日、自転車や車、バイクなどの点灯を促す「年末年始ライトオン16キャンペーン」の1日隊長に就任し、仮面ライダーゴースト、仮面ライダードライブと共に警視庁本部庁舎(東京都千代田区)を表敬訪問した。内田さんが警視庁を訪問するのは初めてで、役衣装の警察官の制服姿で登場し「感激です。当たり前ですが周りを歩く方々が皆さん全員警察官だったのでドキドキしました。1年間、特状課の警察官として仮面ライダーと一緒に戦ってきたので、今回キャンペーン隊長をやらせていただきとても光栄です」と喜んだ。

 キャンペーンの告知ポスターに12月12日公開の劇場版最新作「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」(金田治監督)が採用されたことから、内田さんは1日隊長に就任し、大澤裕之交通部長からキャンペーンのたすき、警視庁のシンボルマスコットのピーポくんの人形を手渡された。また、女性だけの白バイ部隊「クイーンスターズ」を送り出した。

 内田さんは「仮面ライダードライブは車、そしてほかの仮面ライダーはバイクに乗るので、これからは一緒に午後4時からのライト点灯を心がけようと思います。クイーンスターズの皆さんは、同じ女性として格好よくてファンになっちゃいました。近くで白バイを見て、その大きさにびっくり。これからも街の平和を守ってください!」と話した。

 「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」は現在放送中の「仮面ライダーゴースト」と今年9月に放送終了した「仮面ライダードライブ」の新旧ヒーローがタッグを組む劇場版最新作。共通の敵を追う中で出会った2人の仮面ライダーが、突如巻き起こった時空のゆがみに巻き込まれ、10年前の世界へ飛ばされてしまう……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る