羽生結弦選手:“羽生人形”付きチョコケーキを大絶賛 バレンタインの思い出も……

人形が乗ったスケートリンク形の特製バレンタインチョコケーキと羽生結弦選手
1 / 2
人形が乗ったスケートリンク形の特製バレンタインチョコケーキと羽生結弦選手

 男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が、ガーナミルクチョコレートのバレンタイン直前企画としてロッテからスケートリンク形の特製バレンタインチョコケーキを贈られ、一足早いバレンタイン気分を味わった。羽生選手は、自身にそっくりの人形が乗ったケーキを見て「すごい、感動しました」と喜び、四方からじっくりと見て、その出来栄えを「120点! ショート(ショートプログラム)の点数で付けて、120点。史上、いまだ誰も出したことのない点数(笑い)」と絶賛した。

 羽生選手は、チョコケーキの上の砂糖で作られた自身そっくりの人形を見て「衣装も忠実ですし、ホワイトチョコのリンクの上に自分だけがいる様子が、演技をしているようでいいなと思いました」と満足げにコメント。また、バレンタインデーの思い出について聞かれると「母と姉には、物心ついた頃からチョコをもらっていました」と明かし、最近のバレンタインについては「毎年プレゼントボックスを通してたくさんの方々からバレンタインのチョコをいただきますし、どんな形でもお気持ちをいただけることはいつもうれしく思います」とコメント。“お返し”については「いつもエールという形でお気持ちをいただいているので、僕自身でしっかり受け止めて、良い演技をして、良い結果を残したいと思います」と語った。

 同企画では、同じくガーナCMに出演している女子フィギュアスケートの浅田真央選手が、普段指導を受けている佐藤信夫コーチへチョコケーキを贈るサプライズも実施。「バレンタインにチョコを渡すのは初めてなんです!」という浅田選手は、佐藤コーチの似顔絵が描かれているチョコメッセージプレートに「信夫先生 いつもありがとうございます まお」というメッセージを書き、練習後に直接佐藤コーチへ手渡し。浅田選手は「いつもお世話になっているので、“いつもありがとうございます”と、“今年もよろしくお願いします”という気持ちを込めて書きました」と思いを語り、「今シーズン、バレンタインにかけて、最後はスイートハッピーに終われるよう頑張りたいと思います」とコメントした。

写真を見る全 2 枚

CM 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る