MANTANWEB(まんたんウェブ)

銀杏BOYZ峯田和伸:ドラマ初主演 岡田惠和脚本「奇跡の人」でダメ男役

テレビ
「奇跡の人」で主演を務める「銀杏BOYZ」の峯田和伸さん=NHK提供

 ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸さんが、NHK・BSプレミアムで4月にスタートするドラマ「奇跡の人」で主演を務めることが11日、分かった。峯田さんがドラマの主演を務めるのは初めてで、ダメ男の亀持一択を演じる。峯田さんは「一生懸命やるだけです。よろしくお願いします」と意気込んでいる。

 「奇跡の人」は、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」「おひさま」などの岡田惠和さんが脚本を手がけるオリジナルドラマで、ヘレン・ケラーとサリバン先生がモチーフ。毎日を何となく生きる亀持一択(峯田さん)が、目と耳に障害のある娘・鶴里海(住田萌乃ちゃん)を持つ花(麻生久美子さん)に恋をして、母娘の手助けするために、サリバン先生のようになりたいと思い立つ……というストーリー。NHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロイン・エリーの長女・エマを演じた子役の萌乃ちゃんが海を演じ、一択らを見守るアパートの大家・都倉風子を宮本信子さんが演じる。

 花を演じる麻生さんが、峯田さんと共演するのは映画「アイデン&ティティ」以来、約13年ぶりで、岡田さんの脚本のドラマに出演するのは「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系)以来、約3年ぶり。麻生さんは「大好きな方々とまたお仕事をさせていただけることが本当に楽しみです。出産後、初めて“子供とじっくり向き合う母親役”を演じる機会をいただけたので、不安もありますが、今は楽しみという気持ちの方が大きいです」とコメントを寄せている。

 脚本を手がける岡田さんは「役者として仕事をしたかった峯田和伸さん。最大級の信頼を置いている大好きな女優である麻生久美子さん。そしてこの方が出てくださるならそれだけでクオリティーが保障されたも同然の宮本信子さん。しびれるキャストに集まっていただきました。海ちゃん役の住田萌乃ちゃんの天才子役ぶりにも期待しています」と話している。

 「奇跡の人」はNHK・BSプレミアムで4月24日から毎週日曜午後10時に放送。全8話。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る