羽生結弦選手:「日々進化」と“孤独な戦い”続ける姿に情熱大陸が密着

フィギュアスケートの羽生結弦選手に「情熱大陸」が密着取材=(C)TBS
1 / 6
フィギュアスケートの羽生結弦選手に「情熱大陸」が密着取材=(C)TBS

 男子フィギュアスケートの羽生結弦選手に密着したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系)が4月10日に放送されることが17日、明らかになった。昨年11月に開催されたフィギュアスケート大会「2015NHK杯国際フィギュアスケート」で、羽生選手は歴代最高得点(当時)の322.40点で優勝を飾った。“絶対王者”となっても「日々進化」と語る羽生選手の素顔に迫る。

 同番組は、放送900回目を記念し「王者の覚悟~五輪金メダリストのプライド~(仮)」と題して放送。公式戦ではいまだ誰も成功したことがない「4回転ループ」にチャンスがあれば挑戦したいといい「“同じ失敗をしてしまったら成長ではない”という話をよく聞くけれど、成長していないからこそわかる課題もあると思うんです。だから無駄なものなんてないんです」と語る羽生選手に今年1月から約3か月間密着し、今シーズンの最後を飾るボストン世界選手権に向けて“孤独な戦い”を続ける姿を追う。

 900回目のゲストに選ばれた羽生選手は「プレッシャー、めちゃプレッシャー(笑い)」といい「等身大の自分でいればいいかなと思っています。それが900回であろうと901回であろうと、もし1000回であったとしても、自分というものは自分しかいないので、自分らしく表現できればと思います」とメッセージを寄せている。4月10日午後11時から放送。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事