MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「妖怪三国志」がV2 新作は「ファークライ プライマル」

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 新年度がスタートし、春休みも終了ということで一年のうちでも最もゲームが売れない時期に入りました。前回トップの「妖怪三国志」(3DS、レベルファイブ)が今回も首位を守りました。購買層は本編の「妖怪ウォッチ」と変わらず、低年齢層に集中しています。3週目の「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」(3DS、スクウェア・エニックス)も堅調。新作ではZ指定タイトルの「ファークライ プライマル」(PS4、ubiソフト)が3位に入っています。

 ◇今週の動き

 引き続きゲームの売れない週ということで、発売済みのタイトル中心の展開でしょう。「妖怪三国志」「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」のワンツーは変わらないとみています。3位には新作でZ指定タイトルの「ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション」(PS4、スパイク・チュンソフト)が入るとみています。

 ◇ランキングは次の通り。(5~11日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 妖怪三国志(3DS)

2位 ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3(3DS)

3位 ファークライ プライマル(PS4)

4位 ダークソウル3(PS4)

5位 ディズニーアートアカデミー(3DS)

6位 スターオーシャン5(PS4)

7位 ポッ拳(WiiU)

8位 初音ミク-Project DIVA- X(Vita)

9位 ディビジョン(PS4)

10位 マインクラフト(Vita)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る