桂歌丸:笑点“卒業”回にTOKIOがゲスト出演

「笑点」メンバーが大喜利する様子
1 / 4
「笑点」メンバーが大喜利する様子

 落語家の桂歌丸さんが“卒業”する22日放送の長寿演芸番組「笑点」(日本テレビ系)の1時間半スペシャルに、人気グループ「TOKIO」がゲスト出演することが16日、明らかになった。歌丸さんは、13回目の出演となる「TOKIO」との思い出について「2006年から3年間ご一緒した元日の特番『大笑点』ですね」と答え、「14時間生放送でずっと一緒でしたから、まるで自分がジャニーズ事務所のタレントにでもなったような気分でしたよ。楽しかったです」とコメントしている。

 「笑点」は1966年5月にスタートし、同日放送で51年目に入る国民的演芸番組。歌丸さんは第1回から出演し、22日で司会から卒業することを発表していた。15日放送回の収録後に開かれた会見で、肺気腫を患ったのをきっかけに「体力の限界」と引退の理由を説明。また、「落語をやめるわけじない」と前置きした上で、「(年齢が)80になったら少し楽をして落語を勉強したいと思っていた」と話していた。

 「TOKIO」の城島茂さんは、「こんなに長く落語家として活躍されてきた歌丸師匠が、『勉強をしたい』って……。本当に、すごいなあと思いました。なんてカッコイイ方なんだろうと。僕たちは、すごい人とご一緒させていただいたんだなと心底感じました」とメッセージを寄せている。

 22日は、「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」と題し、午後5時半から生放送。三遊亭小遊三さん、三遊亭好楽さん、林家木久扇さん、三遊亭円楽さん、春風亭昇太 さん、林家たい平さん、山田隆夫さんも出演。「TOKIO」と大喜利対決を行うほか、50年の歴史の中で起こった事件をVTRで振り返る。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る