笑点:新司会者に56歳の春風亭昇太 桂歌丸の後任で6代目に

「笑点」の6代目司会者に決まった春風亭昇太さん
1 / 1
「笑点」の6代目司会者に決まった春風亭昇太さん

 日本テレビ系の長寿演芸番組「笑点」の新司会者に春風亭昇太さん(56)が決まったことが22日、明らかになった。同日午後5時半から生放送された番組内で発表された。これまで司会を務めてきた落語家の桂歌丸さんが、先月30日に行われた50周年特番(15日放送)収録中に、自ら“勇退”を発表し、後任に注目が集まっていた。

 「笑点」は、1966年5月15日にスタートし、今年でちょうど50周年を迎えた国民的演芸番組。歴代司会者は初代が立川談志さん、2代目が前田武彦さん、3代目が三波伸介さん、4代目が五代目三遊亭円楽さんで、歌丸さんは5代目だった。

 第1回からの大喜利レギュラーで、2006年5月21日の放送から10年間にわたって司会を務めてきた歌丸さんは、この日の放送が最後の出演となった。今後は「終身名誉司会」に就任し、「笑点」の直前に放送される5分間番組「もう笑点」には登場する予定。

 この日の番組は「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」と題し、放送枠を1時間半に拡大して午後5時半から生放送され、三遊亭小遊三さん、三遊亭好楽さん、林家木久扇さん、三遊亭円楽さん、春風亭昇太 さん、林家たい平さん、山田隆夫さんに加え、人気グループ「TOKIO」がゲスト出演し、大喜利対決などが行われた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る