MANTANWEB(まんたんウェブ)

坂本ですが?:坂本のメガネを鯖江の職人技で再現 ホクロがスワロフスキーに

アニメ マンガ
「坂本ですが?」の主人公・坂本の再現した「坂本ですが? 坂本君のメガネ」(C)佐野菜見・KADOKAWA/坂本ですが?製作委員会

 佐野菜見さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「坂本ですが?」の主人公・坂本がかけているメガネを再現した「坂本ですが? 坂本君のメガネ」が、バンダイから発売されることが分かった。

 日本のメガネの生産量の約9割を誇る福井県鯖江市にあるフレームメーカー「山森眼鏡」の職人が手がけ、坂本のトレードマークである目元のホクロを再現したブラックスワロフスキーをレンズに配置した「坂本ですが? 坂本君のメガネ ホクロ スワロフスキー付」(1万5120円)とホクロなしの「坂本ですが? 坂本君のメガネ ホクロなし」(1万4040円)が発売される。それぞれ全フレームタイプとレンズの下部をフレームで縁取ったアンダーリムタイプの2種類が用意される。

 フレームの内側には、坂本の名前と所属するクラス「1年2組」の文字を刻印。坂本が通う高校の校章と坂本のサインがデザインされたメガネ拭きも付属する。

 バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で13日午後1時から予約を受け付け、10月に発送予定。また、坂本君なりきりルームウエア、黒板消しポーチ、Tシャツ、アイマスク、ワクドナルドキャップ、パスケースなどのグッズの予約も同時に受け付ける。

 「坂本ですが?」は、佐野さんのデビュー作で、2012年にマンガ誌「Fellows!(フェローズ)」(KADOKAWA)で連載がスタート。13年からは「ハルタ」(同)で連載され、15年12月に最終回を迎えた。クールすぎる男子高校生・坂本が、同級生からいたずらを仕掛けられるが、涼しい顔と派手なパフォーマンスでかわし続ける姿が描かれた。テレビアニメが4~7月に放送された。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る