佐藤栞里:黄色の浴衣で夏らしく 「ペット」初日舞台あいさつに登場

劇場版アニメ「ペット」の初日舞台あいさつに出席した佐藤栞里さん
1 / 20
劇場版アニメ「ペット」の初日舞台あいさつに出席した佐藤栞里さん

 モデルでタレントの佐藤栞里さん11日、東京都内で行われた劇場版アニメ「ペット」(クリス・ルノー、ヤロー・チェイニー監督)の初日舞台あいさつに、黄色い柄の浴衣に、淡いブルーの帯を合わせた装いで登場した。この夏、挑戦したいことを聞かれた佐藤さんは「この『ペット』という作品はうわさによると350カ所くらいのシアターで公開されているみたいなので、この夏、目指せ350の勢いで(シアターを)はしごしたい」と笑顔で語っていた。

 「ペット」は、3D劇場版アニメ「ミニオンズ」のスタッフが手がける最新作で、飼い主が留守にしている時のペットたちの日常をユーモラスに描いた作品。大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていた犬のマックスだが、ケイティが毛むくじゃらの大型犬・デュークを保護したことで、トラブルに巻き込まれる……というストーリー。日本語吹き替え版では、ケイティを佐藤さん、マックスをお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さん、デュークを日村勇紀さん、姉御肌の猫クロエを永作博美さんが演じるほか、宮野真守さん、梶裕貴さんら人気声優も声を担当する。

 この日の舞台あいさつには、バナナマンの2人と、同作で“取柴役宣伝隊長”を務める、インスタグラムで人気の柴犬「まる」も登場した。

写真を見る全 20 枚

映画 最新記事