MANTANWEB(まんたんウェブ)

BOYS AND MEN:メンバーに聞く<2> 吉原雅斗 12キロのダイエットで「メンタルも体も成長」

映画
映画「BOYS AND MEN ~One For All,All For One~」について語った吉原雅斗さん

 東海エリア発の男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の映画「BOYS AND MEN ~One For All,All For One~」(植田尚監督)が29日に公開される。2010年に結成された同ユニットの歴史を、フィクションとノンフィクションを織り交ぜて仕立てた青春ストーリーで、ボイメンのメンバーが自分自身を演じている。メンバーに同作への思いや今後の目標などを聞いた。第2回は吉原雅斗さん。全10回。

 映画は、メンバー10人が「ボイメンハウス」と呼ばれる合宿所で同居しているという設定。メンバーがグループや自分自身の問題、課題に直面しながらも輝こうと奮闘する姿が描かれる。

 今作の撮影が「自分を見つめ直す機会になったし、ボイメンを見つめ直すことができた」と語る吉原さん。劇中での自身のキャラクターは、リアルとフィクションが「半々ぐらい」といい、「洋服や、飲み物、仕事をするときの立ち位置はリアル」と語る。

 一方、「メンバーが全員一緒に住んでいたことはないし、(ボイメンハウスをはじめ)初めての環境での撮影が多かったので、ナチュラルにやっている(演じている)感じでいたけれど、(完成した映画を)いざ見ると、自分の中で違和感があるところもあって……。パーソナルなところをリアルに演じるのは難しかったです」と撮影を振り返った。

 結成から今年で6年。これまでの活動を通して変化したことは、「去年、ダイエットをして12キロ痩せて、体脂肪も8%落としました。どうせやるなら誰よりもいい結果を残してやろうと思って頑張って、メンタル的にも体的にも追い込めたので、成長できた」とにっこり。

 さらに14年に日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」の企画で「ボイメン代表」として東海三県を回り、歌声や音を集めたことを挙げ、「それまで、うまくいかないことに『できない』とか『向いていない』とか言い訳をしていた自分がいたけど、いろんなところへ行って障害がある方々が一生懸命(物事に)取り組む姿、夢を追いかけている姿を見て、自分に足りないところがそういうところだと感じました」といい、「それ以来、言い訳をしないように、苦手なことも全部やるようにしています」と自らの成長ぶりを語った。

 グループは20年に結成10周年を迎える。吉原さんは「頑張って(グループが)大きくなるのはもちろんですけど、今、出演している番組を大切にして、20年にも同じ番組を持てていたら、地元に愛されている、いいグループになっているんじゃないかな」と思いを巡らせていた。

 <プロフィル>

 よしはら・まさと。1994年7月22日生まれ。愛知県出身。生放送情報番組「ゴゴスマ」(CBC・TBSほか)のボイメンのコーナー「ボイメンクエスト」などに出演。河北麻友子さんが主演した「白鳥麗子でございます!」のドラマ版、映画版に出演した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る