MANTANWEB(まんたんウェブ)

BOYS AND MEN:本田剛文が地元でNHK連ドラ撮影 スーツ姿で会社員役に メンバーもアイドル役で出演へ

テレビ
2019年1月にスタートする連続ドラマ「トクサツガガガ」の会見に出席した「BOYS AND MEN」の本田剛文さん

 男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の本田剛文さんが5日、NHK名古屋放送局(名古屋市東区)で、2019年1月から全国放送される小芝風花さん主演の連続ドラマ「トクサツガガガ」の会見に、共演者と出席した。同作は名古屋で撮影しており、生まれも育ちも名古屋の本田さんは「地元でのドラマ撮影が新鮮。ほとんどのロケ先にチャリ(自転車)で行ける。ホームな感じでうれしい」と笑顔を見せた。本田さんは主人公の会社の同僚役で、この日はいつものボイメンの衣装から一転、役衣装のメガネをかけたスーツ姿だった。

 また劇中に8人組のボーイズグループ「ビーボーイズ」が登場し、「ビーボーイズ」をボイメンのメンバーが演じることも発表された。主人公の同僚で、同グループのファンを演じる木南晴夏さんは、ボイメンが登場するライブシーンの撮影を振り返り、「(客席の)隣が本田さんのファンの方でした。この撮影が終わるまでにボイメンの中の“推しメン”を作ろうと思います」とコメント。本田さんはすかさず「(推しメンは)本田でお願いします」とアピールしていた。

 ドラマは、丹羽庭さんが「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に14年から連載しているマンガが原作。特撮オタクであることを周囲に言えない“隠れ特撮オタク”の会社員、仲村叶(かの)が主人公。叶は日々の生活でさまざまなピンチに陥ると、本人にしか見えない特撮ヒーローが現れ、叶は彼らの言葉に勇気づけられ、次々にピンチを切り抜けていく、という物語。劇中には、動物をモチーフにした特撮ヒーロー「疾風怒濤(どとう)ジュウショウワン(獣将王)」や、叶が子供のころに見ていた特撮ヒーロー「救急機 エマージェイソン」が登場する。

 会見には、主人公の叶を演じる小芝さん、叶の特撮オタクの先輩・吉田久美(ひさみ)を演じる倉科カナさん、叶の後輩でイケメン俳優好きの白濱幸を演じる武田玲奈さん、叶の同僚の白石マイを演じる「SKE48」の内山命さんも出席した。本田さんは叶を慕う同僚の小野田隆、木南さんは叶の同僚・北代優子を演じる。

 放送は総合テレビで19年1月18日から毎週金曜午後10時。全7回。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る