流通科学大:学園祭で「コナン」「あさイチ」Pらが特別講義 セント・フォース女子アナオーディションも

芸能 テレビ
「セント・フォース関西 第1回夢の種オーディション」最終選考でMCを務める川田裕美アナ

 流通科学大(神戸市西区)は23日、同大学の学園祭「りゅうか祭」で、「ダウンタウンDX」などのバラエティーを手がけてきた読売テレビの西田二郎・編成企画部長や「あさイチ」などを手がけた海保香織・NHK経営企画局副部長らテレビや雑誌の一流プロデューサーを5人による特別講義「プロデュース論」を開く。また関西でアナウンサーを目指す学生たちを対象にした「セント・フォース関西 第1回夢の種オーディション」の最終選考も行われる。

 「プロデュース論」は、西田さんのプロデュースで「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の藤村忠寿さん、「モヤモヤさまぁ~ず」(テレビ東京)の伊藤隆行さんら著名なクリエーターが、テレビや雑誌などメディアの最前線の動きを語る講座として昨年から開かれてきた。今回はその特別版で、西田さんらのほか、アニメ「名探偵コナン」の諏訪通彦・読売テレビアニメーション部エグゼクティブプロデューサー、AKB48と江崎グリコ「パピコ」のコラボ企画「大人AKB48」を手がけた中尾孝年・電通クリエーティブディレクター、「関西ウォーカー」などの玉木泰紀・KADOKAWAウォーカー総編集長が参加し、「テレビもいちど好きになって!」をテーマにディスカッションする。

 「セント・フォース関西 第1回夢の種オーディション」最終選考は、皆藤愛子さんらフリーの女子アナウンサーが所属する芸能事務所「セント・フォース」が関西の拠点として設立した「セント・フォース関西」と流通科学大が連携し、“未来のキャスターの登竜門”にしようと、関西在住の17歳から24歳の高校・大学生を対象にしたオーディションを企画。1次選考では、2016年の「京都・ミスきもの」や「ユニバーシティ関西ミスコンテスト」の準グランプリ受賞者、現役女子高生ら10人が選ばれた。最終選考では、元読売テレビアナウンサーで現在は同事務所に所属する川田裕美アナがMCを務め、実際にプロのアーティストのライブMCやグルメリポート、ニュース原稿読みなどに挑戦し、基礎的なアナウンス能力のほか、アドリブ力やキャラクター力を審査する。

 「りゅうか祭」は22、23日に開催され、「プロデュース論」は23日正午から、「セント・フォース関西 第1回夢の種オーディション」最終審査は23日午後1時から、いずれも「RYUKA HALL」で、「LINE LIVE」のLINE公式チャンネルと「テレビマンオールスターズ」チャンネルで生配信もされる。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る