東出昌大:デスノ新作公開で「肩の荷下りた」 プレッシャーも吐露

映画 マンガ
映画「デスノート Light up the NEW world」の初日舞台あいさつに登場した東出昌大さん

 俳優の東出昌大さんが29日、東京都内で行われた映画「デスノート Light up the NEW world」(佐藤信介監督)の初日舞台あいさつに登場。東出さんは「昨日(「金曜ロードSHOW!」で放送された特別編の)『デスノート 逆襲の天才』を見て、『あ、やっぱりプレッシャーがあったんだな』と家で痛感しました」と心境を告白し、「こうやって初日を迎えられて、みなさんが喜んでくださって笑顔でこっち向いてくださって、やっと肩の荷が下りた気がします」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 「デスノート」は、大場つぐみさんが原作、小畑健さんが作画を手がけ、2003~06年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気マンガ。名前を書かれた者が死ぬ「デスノート」を手に、自分の正義で犯罪者を裁き“理想郷”を作ろうとする夜神月(やがみ・らいと)と、名探偵「L」が頭脳戦を展開する……というストーリーで、テレビアニメや実写映画、舞台、ドラマにもなった。

 「デスノート Light up the NEW world」は、月を藤原竜也さん、Lを松山ケンイチさんが演じた前作「デスノート」から10年後が舞台。東出昌大さんが「デスノート対策本部」のエース捜査官の三島創、池松壮亮さんが名探偵「L」の後継者・竜崎、菅田将暉さんがキラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝を演じる。

 この日の舞台あいさつには、池松さん、菅田さんも出席。登場時はハロウィーンにちなんで客席に菓子を配りながら歩くパフォーマンスも行い、集まった観客から喝采を浴びていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る