MANTANWEB(まんたんウェブ)

中川大志:主演映画で“27歳役”に不安も「手応えはある」 大ブレークの実感は…

アニメ 映画 マンガ
映画「ReLIFE」に出演する中川大志さん(C)夜宵草/comico(C)2017「ReLIFE」製作委員会

 俳優の中川大志さんが女優の平祐奈さんとダブル主演する映画「ReLIFE」のロケが11月に仙台で行われ、中川さんと平さんが撮影後の会見に出席。主人公・海崎新太の27歳の就職活動中の姿と17歳の高校生に若返った姿の2役を演じている中川さんは、「まさか18歳で27歳の役をいただくとは思わなくて。新たな挑戦で不安も大きかった」と吐露しつつ、撮影を終えて「手応えはあります」と自信も。中川さんは「もともと老け顔なんで」と笑い、「想像の域でしか演じることができないので難しいけど、楽しくて。同級生のキャストのみなさんは年上が多いけど、演じていると可愛く見えてくる(笑い)。やっていて楽しい」と語った。

 中川さんは、ダブル主演でヒロインの同級生・日代千鶴役を演じる平さんについて「めちゃくちゃ研究している。役のことをノートにまとめて書いてあったり、こんなに(撮影に)インする前から準備しているのはすごい。(台本を)読み込んでいるのが伝わるお芝居」とベタぼめ。平さんも「(中川さんは)いろんな表情を持たれている。監督とも熱心に、すごく細かく話していて。同い年と思えないぐらいすごいし、尊敬することばかり」と絶賛していた。また、「もし27歳になれるなら?」と聞かれると、中川さんは「千葉くん(共演の千葉雄大さん)と飲みに行きたいです」と笑顔。続いて平さんが「車に乗って遠出したい」と答えると、中川さんがすかさず「今でもできるでしょ(笑い)」とツッコむなど仲の良さをうかがわせる場面もあった。

 NHK大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀頼役を演じて話題の中川さんは、「声をかけていただけることが増えた。年配の方とか、大人の方に声をかけていただくことがすごく増えた」とブレークの実感を告白。「(今作で)映画の主役をやらせてもらって、自分の作品で自分の大切な現場という思いがすごく大きいですし、主役として現場に立たせてもらう中での感覚、幸せだなあという思いは常にあります」と語った。

 「ReLIFE」は、2013年10月からスマートフォン向けマンガアプリ「comico」で連載中の夜宵草さんの青春ラブストーリー。コミックスは6巻まで発売され、累計140万部を突破している。挫折を味わった主人公・新太が「リライフ研究所」の夜明了と出会い、社会復帰プログラムの被験者として薬で見た目だけ若返り、1年限定で高校生として学園生活を送る……というストーリー。16年7月にテレビアニメ化され、9月には東京と大阪で舞台化もされた。映画は「クローバー」(14年)などの古澤健監督がメガホンを取る。千葉さん、高杉真宙さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さんさんも出演する。17年4月15日公開。 

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る