MANTANWEB(まんたんウェブ)

カインとアベル:優、隆一、梓それぞれに待ち受ける結末は? 山田涼介主演“月9”あす最終回

テレビ
“月9”ドラマ「カインとアベル」最終回のワンシーン=フジテレビ提供

 アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「カインとアベル」が19日、最終回を迎える。贈賄容疑で拘置所に収監されることになった優(山田さん)、そして不祥事で危機を迎えた高田総合地所の運命は? 優、隆一(桐谷健太さん)、梓(倉科カナさん)の三角関係の結末は?

 ドラマは、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルに使用し、ひとりの青年の成長を描くヒューマンラブストーリー。山田さん演じる優は、デベロッパーの高田総合地所に勤める青年で、優の兄で高田総合地所の副社長を務めた高田隆一を桐谷さん、優が少しずつ魅了されていくヒロインの梓を倉科さん、優と隆一の父で高田総合地所の社長・高田貴行を高嶋政伸さんが演じるほか、木下ほうかさん、山崎紘菜さん、大塚寧々さん、南果歩さん、寺尾聰さんらも出演している。

 最終回では、優が贈賄容疑で拘置所に収監されることに。隆一が面会に行くも、優は応じない。柴田ひかり(山崎さん)が面会に行くと、そこにはやつれた姿の優が。心配するひかりに、優はあることを告げる。隆一は久しぶりに貴行の元へ優について相談に行く。貴行はまだ優に会いに行っていない。マスコミに騒ぎ立てられることを懸念する貴行の真意が隆一には分からない。加えて、貴行は今回の一件の責任の全てを優に背負わせると告げる。貴行の冷たい姿勢がやはり隆一には理解できない。しかし、それは高田総合地所を守るための貴行の苦渋の決断だった。

 そんな中、高田総合地所の株価が、今回の不祥事でじわじわと下落し始めていた。ある程度の下落は予想できるが、下げ止まる気配すら見せようとしない。果たして会社はどうなってしまうのか。拘留された優、そして隆一、貴行たちは、会社の最大の危機を乗り越えることができるのか……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る