MANTANWEB(まんたんウェブ)

紅白歌合戦:乃木坂46 橋本奈々未、笑顔で“ラスト紅白” キャプテン桜井の“贈る言葉”に目うるむ

アイドル テレビ
「第67回NHK紅白歌合戦」に登場した「乃木坂46」

 アイドルグループ「乃木坂46」が31日、東京・渋谷のNHKホールで生放送されている「第67回NHK紅白歌合戦」に登場。卒業が決まっており最後の紅白となる橋本奈々未さんがセンターを務め、「サヨナラの意味」を披露した。

 歌唱の前に、キャプテンの桜井玲香さんがお別れの手紙をサプライズで読み、「つらくて涙を流したこともあった。別々の道を進むことになるけど、私たちの絆一生きえることはありません。ラストまで輝き続けください」とメッセージ送ると、橋本さんは驚いて目をうるませた。ステージでは充実した表情でキレのあるパフォーマンスで会場を沸かせ、歌い終えた橋本さんは笑顔で「これまでで一番緊張しました。楽しかったです。ありがとうございました」とあいさつした。

 今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、女優の有村架純さんが紅組、人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんが白組の司会で、総合司会はNHKの武田真一アナウンサーが担当。紅組のトリを石川さゆりさん、大トリを嵐が務める。昨年に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)で放送される。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る