斉藤壮馬:人気声優がアニメ「ハンドシェイカー」で「ストレートな気持ち」を表現

サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区)の「ハンドシェイカー」のコンセプトルームの内覧会に登場した斉藤壮馬さん
1 / 12
サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区)の「ハンドシェイカー」のコンセプトルームの内覧会に登場した斉藤壮馬さん

 人気声優の斉藤壮馬さんが17日、サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区)で行われたテレビアニメ「ハンドシェイカー」と同ホテルのコラボコンセプトルームの内覧会に登場した。斉藤さんは自身が声優を務める主人公・タヅナについて「ビジュアルを見て、可愛い感じだと思っていたのですが、考えていたよりも、前向きで自信があって、生き生きしている。叫ぶシーンでも格好いい叫び方よりも、ストレートな気持ちが伝わるように心がけています」と語った。

 また、斉藤さんはタヅナと自身の共通点について「タヅナは機械いじりが好きで、ほかのことが視界に入らなくなるほど没頭する。僕も没頭するととことんハマるところがあります。例えば、散歩に行って、公園で昼ごろに本を読み始めて、夜になっていたり……」と明かした。

 「ハンドシェイカー」は、「K」などのアニメ制作会社「GoHands」とフロンティアワークス、KADOKAWAが共同で手がけるオリジナルアニメで、西暦20XX年のOSAKAを舞台に、少年少女が深層心理から生まれた武器で“願い”をかけて戦う……というストーリー。TOKYO MX、MBSほかで放送中。

 コンセプトルームは、タヅナなどキャラクターの等身大のパネルなどが設置されるほか、オリジナルグッズや、オリジナルドリンクを提供。室内の電話機で斉藤さん演じる主人公・タヅナの声の“ウエルカムボイス”も聞くことができる。斉藤さんはコンセプトルームについて「すごくこだわりを感じました。ウエルカムボイスは何度でも聞いていただけるとうれしいです」と話した。1泊の料金は、平日が2人で2万円、3人で1万7000円、休前日が2人で2万3500円、3人で2万500円。期間は21日~4月9日。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る