戦国BASARA:関智一、玄田哲章ら人気声優が“もののふ語り” 「バサラ祭」で生朗読劇

関智一さんらが出演した「バサラ祭2017 ~もののふ語り~」
1 / 20
関智一さんらが出演した「バサラ祭2017 ~もののふ語り~」

 戦国武将が活躍する人気アクションゲームシリーズ「戦国BASARA」のイベント「バサラ祭2017 ~もののふ語り~」が5日、舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で行われ、関智一さんや玄田哲章さん、岡本信彦さんら出演する人気声優が登場。オリジナルストーリーの朗読劇を観客前で生披露した。玄田さんは「まさかこんなに(シリーズが)長く続くとは思っておりませんでした。BASARAというのはバケモンですね。実にみんなはまってて、最高ですね!」と語り、観客からは大きな拍手が起こるなど盛り上がった。

 「バサラ祭2017 ~もののふ語り~」の昼の部には、石田三成の声を務める関さん、武田信玄役の玄田さん、柴田勝家役の岡本さん、真田幸村役の保志総一朗さん、前田慶次役の森田成一さん、後藤又兵衛役の三木眞一郎さん、豊臣秀吉役の置鮎龍太郎さん、雑賀孫市役の大原さやかさん、徳川家康役の大川透さん、明智光秀役の速水奨さんらが出演。

 これまでの「戦国BASARA」シリーズや、16年8月に発売された最新作「戦国BASARA 真田幸村伝」の中のストーリーを「戦国ドラマ絵巻」として朗読したほか、「太閤御前試合」など書き下ろしのストーリーの朗読劇も生披露し、会場を盛り上げた。
 
 朗読劇の合間にはキャストがトークも展開。信玄役の玄田さんらと朗読劇を繰り広げた雑賀役の大原さんは「(劇中で)玄田さんが、お館さまが、『乙女心』って言うだけでこんなにキュンキュンするとは思いませんでした」と明かすと、会場が笑い声と拍手に包まれるなど大盛況。エンディングトークでは、岡本さんは「こんな重厚感のある中で、すてきな先輩方に囲まれて、このメンバーに入れている。光栄というか、怖い。僕も(観客と同様に)耳が幸せでした」と笑顔で感想を語った。

写真を見る全 20 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る