MANTANWEB(まんたんウェブ)

阿部サダヲ:「おんな城主 直虎」で新たな家康像を 凸凹夫婦の菜々緒との共演は…

テレビ
「おんな城主 直虎」で徳川家康を演じる阿部サダヲさん=NHK提供

 女優の柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で徳川家康(松平元康)を演じる阿部サダヲさん。“三河のぼんやり”とも呼ばれる家康のコミカルな演技や対照的に“強い”正室・瀬名(築山殿)を演じる菜々緒さんとの“凸凹夫婦”ぶりも話題になっている。「世間一般の家康像ではないことがやりたい」と話す阿部さんに、役への思いや菜々緒さんとの共演など演技について聞いた。

 ◇「真田丸」の家康を「参考にさせていただいています」

 「おんな城主 直虎」は、井伊家当主の一人娘として生まれた直虎(柴咲さん)が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。阿部さんが演じる家康は、今川家の人質として、駿府で少年時代を過ごすが、今川義元(春風亭昇太さん)の討ち死にを機に独立を決意。のちに、井伊家の嫡男である虎松(後の直政)を家臣として受け入れることになる。

 「世間一般の家康像ではないことがやりたいと思っています」という阿部さん。昨年放送の大河ドラマ「真田丸」では内野聖陽さんが演じる臆病な家康も話題になったが、阿部さんは「面白かったですよね! でも、すぐにまねしたらダメですよね。参考にさせていただいています」と話す。

 阿部さんが考える「おんな城主 直虎」における家康像は「人質にされているけど、人を恨んだりしない。戦国武将だけど、戦がやりたくてやっている人ではないと解釈しています。このドラマに出演するまでは、戦好きだと思っていました」という。

 さらに「家康のことは誰もが知っている。家康を演じた俳優として歴史に名を刻まれることを感じています。すごい役をいただいたので、印象に残るようにしたい。変わっていたね……でもいいですし。面白いキャラクターになれば、と思って演じています」という思いで撮影に臨んでいるようだ。

 ◇“ぼんやり”も「徐々に変わっていければ」

 「おんな城主 直虎」の人質時代の家康は、天下人のイメージとは離れているのかもしれない。“三河のぼんやり”などと呼ばれ、一人で囲碁をしたり、今川氏真(尾上松也さん)がタカにえさをやっているのに対して、スズメを育てるなどコミカルなシーンも多く登場する。また、阿部さんは少年時代の家康も演じている。

 阿部さんは「若く見えるように気をつけています。スズメは『おもちゃでしょ?』と言われるのですが、生きているんです。悔しい! スズメを手にしている時は13歳の気持ちだったんです。モニターを見たら46歳のおじさんの顔でしたが……」と明かす。

 “三河のぼんやり”も桶狭間の戦いで、今川義元が討ち死にしたことで、状況が変わる。家康はのちに天下人となるわけだが、阿部さんは、演技の変化について「変えていきたいですね。今はぼんやりしているのが楽しいけれど、どこかで変わらないといけない。どこで変えるのかを今、考えています。楽しみですね。徐々に変わっていければと思います」と話す。

 ◇菜々緒の演技に「こっちも楽しくなる」

 家康の正室・瀬名(築山殿)を演じる菜々緒さんと阿部さんのやり取りもドラマの見どころになっている。しっかり者の瀬名が、ぼんやりしているところもある家康は“凸凹夫婦”にも見える。阿部さんは、菜々緒さんとの共演について「強い女性の役として必要な人。面白いんですよね。みんなが思っていることをやってくれて、こっちも楽しくなる。関係性もよくて、菜々緒さんの瀬名は、何でも受け止めてくれると思う。瀬名が家康を成長させてくれていると思います」と楽しんでいるようだ。

 また、今作では市川海老蔵さんが織田信長を演じることも話題だ。阿部さんは「さっき信長に会ったのですが、すごく怖かったですね」と笑う。

 どこか頼りない家康は今後、どのように変化していくのか……。今作での阿部さんの演技も注目を集めそうだ。「おんな城主 直虎」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る