MANTANWEB(まんたんウェブ)

千葉雄大:27歳での学生服に自虐 理想は「色気ムンムンで…」

芸能
10代の女性向けイベント「超十代-ULTRA TEENS FES-2017@TOKYO」に登場した千葉雄大さん

 俳優の千葉雄大さんが28日、幕張メッセ国際展示場(千葉市美浜区)で開催された10代の女性向けファッションイベント「超十代-ULTRA TEENS FES-2017@TOKYO」に出演し、出演する映画「ReLIFE リライフ」(古澤健監督)のイベントに登場した。「特別ホームルーム」と題されたイベントで同作の主要キャストとともに学生服姿で登場した千葉さんは「今28歳ですが、撮影時は27歳。まさか27(歳)で制服を着るとは思っていなかった。理想と現実は違います」と自虐的に語って、集まった10代の観客を笑わせた。

 イベントには、千葉さんのほか、ダブル主演する中川大志さんと平祐奈さん、出演者の高杉真宙さん、池田エライザさん、岡崎紗絵さんも出席。イベントは、机やイス、黒板などで学校を再現した「教室ステージ」で行われ、担任の先生役のJOYさんと生徒代表の椎木里佳さんがMCを務め、ホームルーム形式で10代の恋愛事情や悩み、将来について、観客と語り合った。

 同映画の主人公が27歳であることにちなみ、「27歳で理想と違う可能性があるかないか」という議題になると、千葉さんは「僕だけ(実年齢が)28歳で超えていますが、もっと大人だと思っていましたし、結婚して子供もいると思っていました。(実際は)まるでない、何も」とガックリ。「もうちょっと色気ムンムンでいきたい」と理想を明かして、共演者を笑わせた。

 一方、「終わりが分かっている恋だとしても、告白するのはありかなしか」という議題には、「ずっと一緒にいるから、相手のことを大事にできないことも増えてくる。終わりが分かっていると濃密な時間を過ごせるんじゃないのかな」といい、「あり」を選択。中川さんや平さんに「大人」「発言が28歳ですね!」とからかわれると、「今日は超十代のイベントで来てるんだからやめて!」と注意して、観客の笑いを誘っていた。

 映画は、2013年10月からマンガアプリ「comico(コミコ)」で連載中の青春ラブストーリーが原作。27歳で就職活動中の海崎新太(中川さん)が「リライフ研究所」の職員・夜明了(千葉さん)と出会い、社会復帰プログラムの被験者として薬で見た目だけ若返り、1年限定で高校生になる……という内容。4月15日公開。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る