橋本愛:地元の公園で「ほんのり切なく…」

主演映画「PARKS パークス」の初日舞台あいさつに登場した橋本愛さん
1 / 14
主演映画「PARKS パークス」の初日舞台あいさつに登場した橋本愛さん

 女優の橋本愛さんが22日、東京都内で行われた主演映画「PARKS パークス」(瀬田なつき監督)の初日舞台あいさつに登場した。橋本さんは、駆け付けたファンらから声を掛けられると、「ありがとうございます」と手を振りながら応じ、「初日を迎えることができました。ありがとうございます」と満面の笑みであいさつ。

 映画は東京・吉祥寺の井の頭恩賜公園が舞台で、橋本さんは「先日、地元に帰って、昔遊んでいた公園に行ってみました。その時に改めて、ほんのり切ない気持ちになりました。公園ってそういう場所だよなって」と感慨深げに話し、「この映画もノスタルジックな部分に触れて少し切なくなる。でも最後に、前に進めよるような清らかな気持ちになれる作品」とアピールした。

 イベントには、共演の永野芽郁さん、染谷将太さん、音楽監修を務めたトクマルシューゴさん、映画を企画、製作した本田拓夫さん、瀬田監督のほか、井の頭公園の公式キャラクター「ひゃくねんくん」らも出席した。永野さんは「吉祥寺でスカウトされたのが小学校3年生のときでした。「PARKS パークス」の前後に撮影していた作品もすべて吉祥寺で撮影をしていたり、自分にとって縁のある街だと思い、撮影していました」と振り返った。

 「PARKS パークス」は、今年5月1日に開園100周年を迎える井の頭恩賜公園の公式事業企画で製作。高校生のハル(永野さん)とともに、ハルの亡くなった父の昔の恋人“佐知子”(石橋静河さん)を探すことになった吉祥寺に住む大学生・純(橋本さん)は、佐知子の孫・トキオ(染谷さん)と出会い、すでに亡くなっていた佐知子の遺品から、ハルの父・晋平(森岡龍さん)と佐知子の歌声が録音されたテープを見つけ、途切れてしまったその曲を完成させようとするが……というストーリー。

写真を見る全 14 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る