MANTANWEB(まんたんウェブ)

桐谷美玲:“ひとパー”撮了で号泣 サプライズに「震えてる!」

テレビ
クランクアップを迎えた成田凌さん(左)と桐谷美玲さん=フジテレビ提供

 女優の桐谷美玲さんが主演を務める連続ドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系、木曜午後10時)が15日に最終回を迎える。このほどクランクアップを迎えた桐谷さんは、一足先に撮影を終えていた共演の水川あさみさん、ブルゾンちえみさんが撮影現場に駆けつけ、ねぎらいの言葉をかけるというサプライズに、「びっくりしすぎて震えてる!!」と語り、号泣したという。

 2人から花束を渡され、ねぎらいの言葉をかけられた桐谷さんは「2人がわざわざ来てくれてすごく驚きました。撮影が始まったときは、本当に終わりがくるのかな(笑い)と思うくらい大変なときもありました。ここに来てくれた2人がいなかったら乗り越えられなかったと思います」と涙ながらに思いを語った。

 ドラマは、「BE・LOVE」(講談社)で2014年から連載中の大久保ヒロミさんの同名マンガが原作。製紙会社で働く真面目で見た目はさえない、“女子力ゼロの理系女子(リケジョ)”の研究員・城之内純(桐谷さん)と研究員仲間の前田満子(水川さん)、佐藤聖良(ブルゾンさん)が、“女子力”を磨くべく奮闘するラブコメディー。純が思いを寄せるイケメン美容師役で成田凌さん、純たちと同僚の研究員役で町田啓太さんも出演する。

 撮影の最終日は、早朝に水川さんとブルゾンさんが一足先にクランクアップ。桐谷さん、水川さん、ブルゾンさん主要キャスト3人のシーンで、撮影終了を迎えた瞬間、3人は抱き合い、感動の涙を見せた。水川さんは「最初はどうなるか不安なところもありましたが、撮影がはじまってからは毎日爆笑しない日はないくらい、とても楽しい現場でした。この3人でこの作品に出演できて本当によかったと思います」と涙交じりの笑顔で、ブルゾンさんは「本当に本当に楽しかったです。人生の中でこんなに朝から晩まで(3人で)一緒にいることがなかったので、明日からとても寂しいです」と涙した。

 また、同日深夜には桐谷さんと成田さんが最終話の“肝”となるシーンを撮影し、オールアップ(全撮影終了)を迎え、成田さんは「大変なスケジュールの中、皆様お疲れ様でした! 特に桐谷さんは過酷なスケジュールでも、疲れた顔を見せず頑張っていて、とても元気をもらいました! ありがとうございました」と感謝。桐谷さんもあいさつしようとしたところで、先にクランクアップした水川さん、ブルゾンさんがサプライズで登場した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る