MANTANWEB(まんたんウェブ)

映画興行成績:「怪盗グルー」新作がV3 「仮面ライダー」「ジョジョ」など初登場作がトップ5入り

映画
劇場版アニメ「怪盗グルーのミニオン大脱走」のワンシーン (C)UNIVERSAL STUDIOS

 7日に発表された5、6日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」(ピエール・コフィン監督、カイル・バルダ監督)が3週連続で首位を獲得した。土日2日間で動員は約30万4000人、興行収入は約3億7600万円を記録。公開17日目にして、累計で動員263万人、興行収入は31億円を突破した。

 2位には「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」(中澤祥次郎監督)と、同時上映の「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」(柴崎貴行監督)がランクイン。動員は約20万人、興行収入は約2億5000万円で、毎年夏休みに公開されるライダー&戦隊シリーズの中では、過去3年間で最高のスタートを切った。

 同じく初登場のSFアクション「トランスフォーマー/最後の騎士王」(マイケル・ベイ監督)が3位で、動員は約19万8000人、興行収入は3億2800万円を記録。全体の半数近くの観客が3D、IMAXなどの特殊フォーマットで鑑賞していることから単価が高く、興行収入ランキングでは2位となった。また、荒木飛呂彦さんの人気マンガを山崎賢人さん主演で実写化した映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(三池崇史監督)は、動員約11万7000人、興行収入約1億6600万円を記録し、初登場で5位にランクインした。

 累計興行収入では、前週に続き6位をキープした「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」(湯山邦彦監督)が21億円を突破。前週4位から8位へ順位を落とした「銀魂」(福田雄一監督)が27億円を突破し、今週9位となった「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(ヨアヒム・ローニング監督、エスペン・サンドベリ監督)が58億円を突破した。10位にランクインした「メアリと魔女の花」(米林宏昌監督)は22億円を突破している。

 1位 怪盗グルーのミニオン大脱走
 2位 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲
 3位 トランスフォーマー/最後の騎士王
 4位 君の膵臓をたべたい
 5位 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
 6位 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
 7位 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
 8位 銀魂
 9位 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
 10位 メアリと魔女の花

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る