MANTANWEB(まんたんウェブ)

井上真央:「花燃ゆ」以来2年ぶり連ドラ主演 心の闇と対峙する学校カウンセラー役

テレビ
10月スタートの連続ドラマ「明日の約束」に主演する井上真央さん=関西テレビ提供

 女優の井上真央さんが、10月スタートの連続ドラマ「明日の約束」(関西テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることが24日、明らかになった。井上さんが連続ドラマの主演を務めるのは、2015年に放送された大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合)以来、約2年ぶり。同作で井上さんは、母親から過干渉を受けたスクールカウンセラーを演じ「親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時はうれしい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました」とメッセージを寄せている。

 ドラマは、連続ドラマ「ガリレオ」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などの脚本を手がけた古家和尚さんのオリジナルミステリー。物語は、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアをするスクールカウンセラーの藍沢日向(井上さん)は、不登校だった男子生徒から「先生のことが好きです」と告白されるが、その翌日、男子生徒が不可解な死に方をする。原因究明に動く日向は、男子生徒が自分と同じく母親から過干渉されていたことや非行、不穏な交友関係、陰湿ないじめに遭っていたことなどを知る……という展開。

 井上さんは、ドラマについて「時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたい」と意気込んでいる。

 関西テレビの河西秀幸プロデューサーは井上さんの起用について「親身になって生徒の心のケアに邁進(まいしん)する日向はとっても前向きで、家族などの人間関係に悩む生徒に対しては『第三者として』冷静にアドバイスをします。しかし、“毒親”ともいえる自分の母親に対しては、毅然(きぜん)とした態度を取り切ることができないという矛盾を抱えています。そういう難しい役ですが、数々の作品で人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感していただけると思い、お願いしました」と期待を寄せている。

 ドラマは、10月から毎週火曜午後9時に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る