MANTANWEB(まんたんウェブ)

妻夫木聡:水原希子とキス連発 「朝から晩までチューばっかり」 監督に“抗議”も

映画
映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のスペシャルイベントに登場した妻夫木聡さん(左)と水原希子さん

 俳優の妻夫木聡さんと水原希子さんが29日、東京都内で行われた映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(大根仁監督、9月16日公開)のスペシャルイベントに出席。劇中には、妻夫木さんと水原さんのキスシーンが多く登場するといい、大根監督が「何回キスしたかなあ」と話すと、妻夫木さんは「あなたが(監督として)やらせたんでしょ? 台本にないところまで作ったじゃないですか」と“抗議”した。

 キスシーンについて、妻夫木さんは「朝、海に行っていきなりチューをする。水族館でチューする。次は中目黒の橋で、渋谷の雑居ビルでも。朝から晩までチューばっかりじゃないですか」と明かし、大根監督が「キスでそんなに舌を入れなくても……」と撮影時を振り返ると、「いやいや。(キスシーンで)舌出せって言っていたじゃないですか。(キスシーンを)チェックするときに『ブッキーのは見たくねえな』って。いやいや、俺だって見たくないですよ」と再び“抗議”していた。

 一方の水原さんは、キスシーンだけでなく下着での登場シーンもあったものの、抵抗なく挑んだといい、「その感覚にマネジャーも慣れているので(抗議に)飛んでいくこともないから。いろいろな環境が合っていたのかな」と説明し、「やるからには、徹底的にやらないと面白くない」と語っていた。イベントには、「PUFFY」の大貫亜美さんと吉村由美さんらも出席した。

 映画は、妻夫木さん演じる“奥田民生好き”の編集者と、水原さん演じる出会った男をすべて狂わせるファッションブランドのプレスの女性とのラブコメディーで、渋谷直角さんの人気マンガ「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」が原作。奥田民生をこよなく愛すコーロキ・ユウジ(妻夫木さん)がオシャレライフスタイル雑誌「マレ」に異動し、ファッションブランドのプレスをしている天海あかり(水原さん)と仕事を通じて出会う……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る