水卜麻美アナ:全日本女子バレー・中田久美監督役に 壮絶半生をドラマで再現

テレビ
スポーツ特別番組「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」に再現ドラマで出演する水卜麻美アナウンサー

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、全日本女子バレー・中田久美監督の再現ドラマで、中田監督役を演じることが明らかになった。4日午後9時放送のスポーツ特別番組「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」(日本テレビ系)で放送される。

 中田監督は13歳でバレーボールを始め、2年後の1980年に史上最年少の15歳1カ月で全日本のメンバーに選ばれて五輪に3度出場、今年4月から全日本女子の監督に就任している。再現ドラマでは、中田監督が700人が受験して合格者は7人という超難関だった少女バレー塾の山田塾に入ってバレー漬けの日々を送ったこと、選手生命が危ぶまれる大ケガをしたエピソードが水卜アナの“熱演”で紹介される。

 またロンドン五輪で金メダリストで、“野獣”の異名で知られる柔道女子の松本薫選手の子育ても初公開。妊娠中のトレーニングとしてランニングを勧められるとマラソンを完走し、出産1カ月でトレーニングに復帰した。

 さらに2004年アテネ五輪の金メダリストで、マラソン元日本代表・野口みずきさんは、金メダルが有力視されていた北京五輪でマラソンスタートの5日前にケガのため突然出場を辞退し、その後1カ月間姿を見せなかった。現在は中国の上海で暮らす野口さんは「今だから言えることですけど、極秘で北海道に身を潜めていました」と失踪の真相をテレビで告白する。

 同番組は、一流アスリートなどの「スゴイ人」のエピソードを紹介する。「くりぃむしちゅー」の上田晋也さんと有田哲平さんがMCで、芦田愛菜さんがアシスタントとして、「スゴイ人」とトークを繰り広げる。他にも体操の内村航平選手、フィギュアの本田真凜選手、卓球の伊藤美誠選手、バレーボール男子の石川祐希選手などの「スゴイ」を取り上げる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る