MANTANWEB(まんたんウェブ)

エウレカセブン:緊張の名塚佳織「昨日は眠れなくて」 12年前と比べてボヤキも

アニメ 映画
劇場版アニメ「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」の完成披露舞台あいさつに登場した名塚佳織さん(左)と三瓶由布子さん

 劇場版アニメ「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」(16日公開)の完成披露舞台あいさつが5日、東京都内で開かれ、主人公の少年・レントンの声を担当した三瓶由布子さんと、ヒロイン・エウレカを担当した名塚佳織さんがそろって登場。名塚さんは「(作品を)どう受け止めてもらえるか不安で、昨日は眠れなくて。普段はあまりそういうことないのですが。そわそわしています」と明かした。

 またエウレカ役について名塚さんは、12年前と今の自分を比較し「声質も年を取り、芝居も経験するものが増えると、芝居に乗ってしまう。当時は一生懸命やればよかったけれど。(アフレコは)長く感じた1日だった」とボヤき、三瓶さんは「うちらも大人っぽくなったからね」とフォローしていた。

 またレントンの父・アドロックを演じる古谷徹さんについて、名塚さんは「すてきな方。作品も勉強してくださって、分からないことも監督と消化してから収録に臨んでいました。古谷さんがやってくださるのがうれしくて……」と喜びを語った。三瓶さんは「(アフレコを)一緒に録(と)られた名塚さんはがうらやましい。ああ、うらやましい」とからかい、観客の笑いを誘った。

 「交響詩篇エウレカセブン」は2005、06年に放送されたテレビアニメ。世界を揺るがした大事件「ファースト・サマー・オブ・ラブ」で父を失ったレントンの前に、世界最古の人型兵器「LFO」ニルヴァ―シュと反政府組織「ゲッコーステイト」の少女・エウレカが現れ、ゲッコーステイトと対立する「塔州連邦軍」との戦いに巻き込まれていく。「ハイエボリューション」は3部作で、主人公の名前が「レントン・サーストン」から「レントン・ビームス」に変更され、これまで描かれなかった「ファースト・サマー・オブ・ラブ」も映像化される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る