MANTANWEB(まんたんウェブ)

田中麗奈:食に高い関心 撮影現場でも手料理を振る舞う

映画
映画「幼な子われらに生まれ」に出演した田中麗奈さん

 女優の田中麗奈さんが、俳優の浅野忠信さんと再婚した夫婦を演じた映画「幼な子われらに生まれ」(三島有紀子監督)が公開中だ。原作は、直木賞作家・重松清さんの同名小説。映画は先日のモントリオール世界映画祭で審査員特別大賞に輝いた。奈苗役を演じた田中さんに、今作の出演が決まった際の気持ちや撮影秘話、食に対するこだわりなどについて聞いた。

 ◇バツイチのサラリーマン役に浅野忠信

 映画「幼な子われらに生まれ」はバツイチのサラリーマン、田中信(浅野さん)は、再婚した妻・奈苗(田中さん)の連れ子とうまくいかず、悶々(もんもん)とした日々を過ごしていた。ある日、奈苗の妊娠が分かり、長女の薫(南沙良さん)はそのことでより辛辣(しんらつ)になり、“本当のパパ”(宮藤官九郎さん)に「会いたい」と言い始める。信は今の家族に息苦しさを覚え……というストーリー。

 ◇演じた奈苗は“ぶら下がり系の女性”

 田中さんはこの役の話が来たとき、「重松清さんの原作を何作か読ませていただいていたので、そこに興味があったのと、主演が浅野忠信さんということが決まっていたのでご一緒したいということ、三島有紀子監督にもとても興味があったのでお話をお受けしました。奈苗という役のオファーは意外だったんですけれど、映画として興味があって、やりたいなと思いました」と明かす。

 奈苗役は「今までの田中さんと全然違う役で新鮮でした」と人からよく言われるという。「私も新鮮で。母親役は経験としては何度かあるんですけれど、夫に頼っている、監督は『ぶら下がり系の女性』と表現されていますけれど、そういった役はなかなかなかったんですね。現実的で生活感、生活臭がしている。寺島しのぶさんが演じられた(信の元妻の)キャリアウーマン役と真逆の役で」と新しい役柄への挑戦となった。

 田中さん自身も奈苗のことを“ぶら下がり系の女性”と感じたという。「そう思いますね(笑い)。あ、そういうことを(夫に)言っちゃうんだ、そういうこと聞いちゃうんだというのもあったし。いい奥さんでいようという部分は(自分にも)あるけれど、何かすごく(奈苗の言動が)リアルな感じがしました」という。

 ◇食いしん坊なので…

 撮影現場には子役や10代のキャストが多かったため、田中さんが食材を用意して手料理を振る舞うなど、お母さん的な役割を果たした。「普段からコミュニケーションを取っておくことで作品にいい影響があるだろうなというのはありました。また、子供(子役)たちが家を離れてロケ地で過ごすというのはすごくストレスだと思うんですよね。(撮影期間は)学校も行けなかったり、食事のこともやっぱり気になるし、なので、楽しくストレスなくいてほしいなという気持ちと、私、共演者の方の健康状態が非常に気になるし、特に子供には何でもしてあげたいと思うので。『何食べたの?』というところから始まって、『じゃあおそうめん作ろうか』って現場で作って食べてもらったりしました」と現場の様子を語る。

 料理は「普段、家で作ったりするので、別に苦でもないし、できることがあれば」と言い、田中さん自身も「毎日外食というのができない人なんですね、私。だから簡単な雑炊でもいいし。鍋とかでもいいですけれど、パパっと何か料理を作って食べる。食いしん坊なので」と笑顔で語った。

 ◇美容に毎日のパックを欠かさず 運動は「日本舞踊を」

 食に高い関心を持つ田中さん。「和食が好きなんです。みそ汁がすごく好きで地元の福岡県久留米市で作っているみそを友人に送ってもらっているんですけれど、その甘いおみそをこして、こしたときに出てくる大豆まで食べちゃいます。それが健康にいいんじゃないかなと。女性に大豆はいいと聞きましたので。おだしも九州のを使っています。やっぱり私は甘辛ベースが好きなので」と

 美容としては「パックはよくやっていますね。朝と夜に毎日やってもいいぐらい。パックは本当に頻繁にやっています」という。

 体を動かすことは「日本舞踊をやっているんですけれど、結構、ちゃんと運動になるんだなという気がします。中腰にもなりますし、(体の)上げ下げで汗をかくし、意外と適度な運動になっているような気がしますね。あと、筋肉トレーニングをちょっと加えた方がいいと思っているんですけれど」と話した。ペースとしては「このお仕事をしているとなかなか一定のペースで行けないんですけれど、行けるときは週3回ほど。今は(仕事で)稽古(けいこ)は地方に行ったりすると1週間行けなかったりするので、時間があるときには、という感じですね」と語った。

 次回は「幼な子われらに生まれ」で共演した浅野さんや三島監督について、また女優の仕事について聞く。

 <プロフィル>

 1980年5月22日生まれ、福岡県出身。1998年、映画「がんばっていきまっしょい」(磯村一路監督)で初主演。日本アカデミー賞新人女優賞などを多数受賞した。主な出演作に、「はつ恋」(2000年、篠原哲雄監督)、「東京マリーゴールド」(01年、市川準監督)、「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズ(07、08年、本木克英監督)、「夕凪の街 桜の国」(07年、佐々部清監督)、「犬と私の10の約束」(08年、本木克英監督)、「源氏物語‐千年の謎‐」(11年、鶴橋康夫監督)、「麒麟の翼~劇場版・新参者~」(12年、土井裕泰監督)、「夢売るふたり」(12年、西川美和監督)、「王妃の館」(15年、橋本一監督)、「葛城事件」(16年、赤堀雅秋監督)など。公開待機作に日台合作「おもてなし(仮題)」(ジェイ・チャン監督)がある。テレビドラマでは、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(15年)、NHKドラマ10「愛おしくて」(16年)、フジテレビ系「真昼の悪魔」(17年)に出演。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る