MANTANWEB(まんたんウェブ)

福山雅治:ベネチア映画祭で手応え 「これは届いているんじゃないかな」

映画
映画「三度目の殺人」の初日舞台あいさつに出席した福山雅治さん

 歌手で俳優の福山雅治さんが9日、東京都内で行われた主演映画「三度目の殺人」(是枝裕和監督)の初日舞台あいさつに出席。同映画はイタリアで開催中の「第74回ベネチア国際映画祭」のコンペティション部門に出品され、現地でのレッドカーペットなどに参加した福山さんは「(手応えは)あったと思いますよ。そんなに国際映画祭に行っていないので比べては言えないですが、(公式上映で)エンドロールが始まる前にすでにウワッと拍手いただいて、これは届いているんじゃないかなという実感はあった」と明かした。

 この日は、役所広司さん、広瀬すずさん、満島真之介さんとともに、「ましゃ!」などの黄色い声援が飛ぶ中で登壇した福山さん。「今日は日本なので『ましゃ』っていう声が飛んだけど、ベネチアでは『広司!』(の声が飛んでいた)」と明かし、「『日本ではましゃでもベネチアでは広司だぞ』って先輩(役所さん)から。本当にもうおっしゃる通りで、頭が下がる思いでした」と振り返って、笑いを誘っていた。

 映画は、是枝監督のオリジナル脚本で描く法廷心理サスペンス。勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山さん)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件で、容疑者は、二度目の殺人を犯した男・三隅(役所さん)。三隅の供述は会うたびに変わり、動機は一向に見えてこない。やがて浮かび上がってきたのは、被害者の娘・咲江(広瀬さん)の存在だった……という内容。

 福山さんは現地時間5日、役所さん、広瀬さん、是枝監督とともにベネチア国際映画祭の公式会見やレッドカーペットに参加。公式上映後には満席の会場から6分間に及ぶスタンディングオーベーションが起こった。コンペティション部門の結果は日本時間9日深夜(10日未明)に発表される。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る