MANTANWEB(まんたんウェブ)

鈴木紗理奈:最優秀女優受賞作イベントで大粒の涙 「恩返しできてよかった…」

映画
映画「キセキの葉書」の完成披露上映会に登場した鈴木紗理奈さん

 タレントの鈴木紗理奈さんが24日、東京都内で行われた主演映画「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督)の完成披露上映会に出席した。同作に主演した鈴木さんは、7月にスペインで開かれた「マドリード国際映画祭」で最優秀外国映画主演女優賞を受賞。この日、関東で初めての完成披露上映会が開かれ、鈴木さんは最後のあいさつで、「子育てをしながら仕事をしていて、子供に会えない日が多かった。母に助けてもらった。今回、賞がとれて恩返しできてよかった」と大粒の涙を流しながら、受賞した喜びを語った。

 上映会には、鈴木さんのほか、共演の赤座美代子さん、ウー監督、同作の新田博邦プロデューサー、主題歌を務めた小林啓子さんらも出席した。鈴木さんは、新田プロデューサーから「撮影は関西で行われ、(鈴木さんは)東京から通っていて、撮影が遅くなったときに泊まっていけばと提案しても『最終で東京に帰って、朝一で戻ってきます』と子供に会うようにしていた」と明かされると涙を見せた。

 さらに、鈴木さんはオファーについて「なんで、鈴木紗理奈って(笑い)。私がプロデューサーなら選ばない。だから、その期待に応えられるように頑張るしかない。監督の言葉を信じてやっていくしかなかった」と振り返りながら、「撮影しているときは、海外の映画祭に出品するなんて、聞かされてなかった」と話し、「こんな私に、ウー監督は『才能がある、勘が鋭い』って言ってくれたり、出会いに感謝しています。これからもこの仕事を頑張っていきたい」と目を輝かせた。

 映画は、実話に基づく人間ドラマで、阪神淡路大震災から半年後の兵庫県西宮市が舞台。難病の娘と、認知症とうつ病を併発する母に挟まれながらも、度重なる試練を乗り越え、ひたむきに生きる主人公を描いた。関西では、8月19日より期間限定で先行上映された。公開は11月4~10日、渋谷ユーロシネマなどで上映される。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る