MANTANWEB(まんたんウェブ)

BEATLESS:長谷敏司のSF小説がテレビアニメ化 18年1月スタート

アニメ ブック
テレビアニメ化される「BEATLESS」のビジュアル(C)2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

 アニメ誌「月刊ニュータイプ」(KADOKAWA)で連載された長谷敏司さんのSF小説「BEATLESS」がテレビアニメ化され、2018年1月から放送されることが7日、明らかになった。「機動戦士ガンダム00」などの水島精二さんが監督を務める。

 同作は、社会のほとんどを機械に任せた世界を舞台に、17歳の少年・遠藤アラトが、人智を超えるアンドロイドで人類未到産物のレイシアに出会う……というストーリー。「ギルティクラウン」「虐殺器官」などのredjuiceさんがイラストを担当した。

 水島監督は「原作を手にした時、その分厚さ、内容の濃さ、情報量の多さにおののきました。しかし、読み進めるうちに、そのテーマ、世界に魅了され、大変だとは分かりつつも、いま、映像化するべきだと、自分で手がけたいと、意欲が湧いてきました。映像化にあたり、分かりやすく、取っ付きやすくするためにもろもろ整理させていただいています。それを受け入れ、協力を惜しまない長谷先生、redjuice先生に感謝し、その恩に報いるよう、全力で頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:水島精二▽シリーズ構成:高橋龍也、雑破業▽キャラクターデザイン:やぐちひろこ

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る