MANTANWEB(まんたんウェブ)

重神機パンドーラ:河森正治監督の新作テレビアニメが18年春スタート 「歌わない戦闘シーンも」

アニメ
テレビアニメ「重神機パンドーラ」のビジュアル(C)2017 Shoji Kawamori,Satelight/Xiamen Skyloong Media

 人気アニメ「マクロス」シリーズなどの河森正治さんが総監督を務める新作テレビアニメ「重神機パンドーラ」が制作され、2018年春に放送がスタートすることが17日、分かった。同日、東京都内で行われた会見で発表され、河森総監督は新作について「ロボットものだけど、怪獣映画的なテイストもある。久しぶりに歌を使わない戦闘シーンを描く。どうやって盛り上げるんだろう?となっている。久しぶりにメカが飛ばない」と語った。

 「重神機パンドーラ」は、2031年、翔龍クライシスと呼ばれる事故によって環境が激変し、特異進化生物「B.R.A.I」が生まれた世界を舞台に、追放された天才科学者のレオン・ラウ、レオンと共に暮らすクロエがB.R.A.Iに対抗するために、独自の研究を行う……というストーリー。B.R.A.Iは生物、機械、植物などの枠を超えて融合して生まれた存在で、人類は多目的可変ビークル「MOEV(モーヴ)」で戦う。舞台は、中国がモデルとなる。

 「ノブナガ・ザ・フール」などの佐藤英一さんが監督を務め、「マクロスΔ」などの根元歳三さんがシリーズ構成、江端里沙さんがキャラクター原案を担当。「マクロスΔ」などのサテライトが制作する。声優の前野智昭さんがレオン、東山奈央さんがクロエをそれぞれ演じる。

 会見には前野さん、東山さんも登場。前野さんは「ワクワクしますね。いつか、河森監督の作品でメインキャラクターを演じたかった。うれしいですね」と出演を喜んでいた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る