MANTANWEB(まんたんウェブ)

道端アンジェリカ:持病告白のきっかけ明かす ネット書き込みに「悔しくて…」 

芸能
「世界乾癬デー」のイベントに出席した道端アンジェリカさん

 モデルの道端アンジェリカさんが25日、東京都内で開かれた「世界乾癬(かんせん)デー」のイベントに出席し、今年5月にインスタグラムで皮膚病「乾癬」であることを明かした際の心境について告白。道端さんは「ネットで『肌が汚い』と書かれたので、悔しくて書いた」と経緯を明かし、「アップをした後で、何かすごいことを言っちゃったのかなと思ったが、応援のメッセージもあり、私が逆に勇気をもらった。告白してよかった」と晴れやかな笑顔で語った。

 乾癬は、皮膚が赤く盛り上がったり、ボロボロとはがれ落ちたりする皮膚の疾患で、悪化と軽くなる症状を繰り返す。症状を抑えることは可能だが、完治は難しく、原因は不明とされる。「世界乾癬デー」(毎年10月29日)は、乾癬の社会的認知を高め、病気を隠して一人で悩む患者が最適な治療を得やすくするのが目的。

 道端さんは、入浴時に自分の肌を見ないために暗くしたり、髪形を制限したり、服も1人で着替えるなど6年間悩んだが、昨年に骨折をしたときにストレスで症状が悪化。そこから専門医にかかるようになり、現在は症状が出ていないという。告白後は「気持ちが楽になったし、治療に対して前向きになれた。それまでは、回りにウソをついて生活していたので心苦しかった」と話し、「1人で悩まず、周囲の人に相談するだけで気持ちが楽になる。1人で抱え込まず治療してほしい」と訴えた。

 また、道端さんの告白後に、乾癬患者で組織する「日本乾癬患者連合会」に女性からの相談が増えたといい、同会の柴崎弘之会長は「病気の認知が進んだ。本当にありがたかった」と感謝し、道端さんも「良かった」とほほえんでいた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る