おんな城主 直虎:第45回「魔王のいけにえ」 焦る瀬名の行動が信長を刺激? 徳川家にかつてない悲劇…

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第45回の一場面 (C)NHK
1 / 6
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第45回の一場面 (C)NHK

 女優の柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第45回「魔王のいけにえ」が12日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。家臣の裏切りで、家康(阿部サダヲさん)側からの信頼回復に努める信康(平埜生成さん)は、“弟”が誕生し、さらに立場が危うくなる。信康の母・瀬名(菜々緒さん)は焦りを募らせると、息子を守るためある行動に出るが、信康の義理の父・織田信長(市川海老蔵さん)を刺激することになり……。

 家康の命を狙った間者が信康の家臣と分かり、岡崎城にいる信康の家臣たちは一斉に罰せられる。家康の側室に新たな男子が誕生し、信康とその母・瀬名の立場は一層弱くなる。焦る瀬名は、直虎(柴咲さん)に書状を出し、信康の嫡男を得るため「側室の候補を探してほしい」と依頼。しかし、その動きは信康の正室の父・信長の知るところとなり、徳川家にかつてない悲劇をもたらす。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母に当たる主人公・直虎が男の名で家督を継承。今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら生き延びていく物語。

 第44回「井伊谷(いいのや)のばら」では、武田の治める田中城の攻撃に加わり、初陣を飾ることになった万千代(菅田将暉さん)は、警護にあたっていた家康の寝所で、ある異変を察知する。一方、祐椿尼(財前直見さん)が突然の病に倒れ、直虎は万千代にも帰郷を願う手紙を送る。数日後、祐椿尼を見舞うため井伊谷に戻った万千代は、直虎と数年ぶりに再会を果たす……という展開だった。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る