東京コミコン2017:スター・ウォーズのコスプレイベント開催 ダース・ベイダーやカイロ・レン“専用機”も

映画 マンガ
コスプレイベント「TOKYO COMIC CON PRESENTS STAR WARS COSPLAY SHOWCASE 2017」に登場したコスプレーヤーたち

 人気SF映画「スター・ウォーズ」をテーマにしたコスプレイベント「TOKYO COMIC CON PRESENTS STAR WARS COSPLAY SHOWCASE 2017」が2日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のアメコミやハリウッド映画を中心としたポップカルチャーの祭典「東京コミコン2017」の会場内ステージで行われた。コンテストには抽選で選ばれた5チームが出場し、人気キャラクターのダース・ベイダーや、前作「フォースの覚醒」に登場したレイ、カイロ・レンの“専用機”など、さまざまな工夫を凝らしたユニークなコスプレを披露した。

 「TOKYO COMIC CON PRESENTS STAR WARS COSPLAY SHOWCASE 2017」は「スター・ウォーズ」作品のキャラクターのコスプレをした参加者が、ステージで3分間、作品への“ファン愛”を表現する企画。1チームにつき1人から5人まで参加できる。

 自作のコスプレが参加条件で、イベントでは定番のダース・ベイダーのコスプレをした「スターウォーズ ファンコレクター」やレイのコスプレをした「覚醒」、Amazon商品の“箱”で作ったという戦闘機のコスプレを披露した「カイロレン専用機」、5人構成の「Guardians of the Whills」や「マンダロリアンズ・ジャパン」の5チームが登場。それぞれ作品やキャラクターへの熱い思いをコスプレとパフォーマンスで表現し、会場を盛り上げた。

 「コミコン」は、米国サンディエゴで毎年7月上旬に開催されているアメコミやゲーム、ハリウッド映画などポップカルチャーの祭典で、現在ではフランス、英国、台湾など世界各地でも開催されている。「東京コミコン」はアメコミ界の巨匠のスタン・リーさんやアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックさんプロデュースの「シリコンバレーコミコン」と提携し、16年に初開催された。幕張メッセで3日まで開催。入場券は一般3500円(前売り3200円)、中高生2500円(前売り2200円)、小学生以下は無料。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る