MANTANWEB(まんたんウェブ)

刑事ゆがみ:浅野忠信×神木隆之介の刑事ドラマきょう最終回 過去の凶悪事件との“因縁”決着

マンガ テレビ
連続ドラマ「刑事ゆがみ」最終話のシーンカット(C)フジテレビ

 俳優の浅野忠信さん主演の連続ドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系、木曜午後10時)が14日、最終回を迎える。最終話は、羽生虎夫(神木隆之介さん)らうきよ署は、死亡届が出されていた作家の横島不二実(オダギリジョーさん)が、資産家の元医師を殺害したとして捜査を開始。弓神適当(浅野さん)は、横島に襲われ意識不明となったヒズミ(山本美月さん)が入院する病院に現れたのを最後に姿を消す。数日後、羽生は、マンガ喫茶で発見した弓神から「お前か俺のどちらかが横島に狙われている」と告げられる……という展開。

 今作は浅野さんが初めて主演する民放連続ドラマで、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の井浦秀夫さんのマンガが原作。浅野さんが演じる、ゆがんだ性格で鋭い観察眼を持つ変わり者の刑事・弓神と、神木さん演じる、成績優秀で真面目なため、弓神に振り回されてしまう後輩刑事・羽生の凸凹バディーがさまざまな事件を解決していく……というストーリー。

 前週の第9話は、資産家の元医師・薮田(渡辺哲さん)が遺体で発見され、うきよ署の菅能理香(稲森いずみさん)は、薮田の殺害方法が、作家の横島(オダギリさん)の未完小説「聖なる夜空にサンタが舞う」に出てくる描写と酷似していることに気付く。横島は、7年前に自著の「ロイコ」になぞらえて、ヒズミの親である河合夫婦を殺害した事件の犯人で、逮捕される前に焼身自殺を図っていた。

 やがて、薮田殺害の犯人を探す羽生は、弓神が死亡したはずの横島と会っている現場を目撃。7年前の事件の報告書を調べ直した羽生らは、報告書を記入したのが弓神だったと知った。そんな中、ヒズミが横島に襲われる……というストーリーだった。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る